らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

らあめん 元(HAJIME) 蓮根本店  味玉塩らあめん 特製醤油らあめん  

 今やテレビや雑誌で取り上げられないことはない、板橋区でもっとも有名で数々の賞を受賞している淡麗系らあめんを食べに行ってきました。蓮根駅から徒歩30秒の、

らあめん 元(HAJIME)

です。

f:id:k0316shank:20180527212104j:plain

 この日は日曜の夜19時ごろ。行列はなく、店内も数人の客でラッキー!日頃テレビで目にするですが前日にもテレビで見たばかり。

都営三田線蓮根駅東口から徒歩30秒と好アクセス。

 

f:id:k0316shank:20180527212137j:plain

 メニューはらあめんが、塩らあめん醤油らあめんでそれぞれ味玉トッピング、焼豚トッピング、特製。つけ麺が塩つけ麺醤油つけ麺でそれぞれ味玉焼豚特製汁無担担麺。そしてセットのご飯ものが焼豚ご飯つみれご飯玉子かけご飯ローストポークご飯

 

f:id:k0316shank:20180527212435j:plain

 麺は固め不向きとあります。固め好きな人が多いと思いますが、まあ淡麗系の塩ですし、三河屋製麺ですし、少し柔らかめがちょうど良いと思います。 

 

f:id:k0316shank:20180527212624j:plain

 と言えばやっぱり塩なので、味玉塩らあめん特製醤油らあめんをぽちっとな。

 

f:id:k0316shank:20180527212658j:plain

 カウンター上にはオープン当初の頃のサイン色紙が貼られていました。実はの店主である内田元さんは、僕が以前から行ってみたかったらーめん店である「支那そば一本気」で修行をされていて、その後「つけめん屋元(げん)」を経てのオープンとなったわけで、もう最初から実力、人気ともにトップクラスだったわけです。

 

f:id:k0316shank:20180527212727j:plain

 東京ラーメンオブザイヤーは2010年から毎年受賞!部門は違えど、スゴいことですね~。今やもう全国的にその名を轟かすほどの有名店! 

 

f:id:k0316shank:20180527212801j:plain

 店の奥にはテレビがあり、LUNA SEAのライブが流れていました。高校生の頃を思い出し、ノリノリでらーめんを食べているうちにズボンにスープをこぼすという失態を犯すことになるのですが(笑) みなさんには落ち着いて食べることをおススメします。

 

 まあ、そんなこんなで味玉塩らあめんです。いただきます! 

f:id:k0316shank:20180527212838j:plain

 黄金のスープが光輝いてとても美しいですね!黄金の宝の山にあっても違和感ないと思います。と言うことで一口。あー♡これはいい!これだけ透明感が高くてこんなにも鶏の旨味が凝縮されてるか~と感激!やきとりで一番美味しいセセリ(首肉)やモミジを7時間煮込み、香味野菜やサンマ煮干しで奥深さや芳醇さを出しつつも、鶏挽き肉で掃湯してクリアな後味は後ひく美味しさ。いや~飲んじゃいますね。

 

 こちらはスープのベースは塩と同じ、特製醤油らあめん。 

f:id:k0316shank:20180527212911j:plain

 塩も絶品でしたが、醤油もスバラシイ!バランスがちょうどイイ!この醤油は埼玉県坂戸の弓削田醤油の吟醸純生醤油を使用しており、マイルドな風味と輪郭のあるキレの良さが、鶏のスープとお互いに協調し合って極上の一杯に仕上がっています。しかも鶏油がスープのポテンシャルをうまく引き出していますね。 

 

f:id:k0316shank:20180527212953j:plain

 麺は細麺ストレートで柔らかめのもっちりした食感。みなさんご存知の三河屋製麺です。個人的には以前の固めで歯切れの良い麺の方が好みではあるのですが、適度にスープを吸い、小麦の甘味、旨味とスープの旨味が融合した状態の麺もキライじゃない。

 

 そしてといえば、姫タケノコが印象的でしたが、2015年あたりから穂先メンマになっています。 

 

f:id:k0316shank:20180527213030j:plain

 味玉は絶妙な火加減でトローリ。あまり味付けを濃くせず、スープのジャマをしないように玉子本来の味と塩の旨味だけで仕上げているのでしょうか?

 

 鶏つみれは生姜の風味がしっかりしていて、食感も良し! 

 

f:id:k0316shank:20180527213056j:plain

 特製だと、このサイズの焼豚が3枚も乗っていて嬉しいですね。しかも、テレビ朝日「オスカル!はなきんリサーチ」ではチャーシューの美味しいらーめん店ランキングで5位に選ばれています。

 煮るのではなく低温で時間をかけ、じっくり焼くことで肉の旨味を閉じ込め、甘味のある脂身や肉の噛みごたえの良さを堪能できます。

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 らあめん元(HAJIME)  東京都板橋区坂下2-16-11

 03-5392-9567

 平日 11:30~14:30 18:00~21:30

 土日祝 11:30~14:30 18:00~20:30

 定休日 月曜日

 

 らーめんもいいけど、それは毎日の白米あってこそ!らーめんが美味しく食べられると思いませんか?買って帰るのが重くて大変だという方はコチラ↓

注文すれば自宅にお届け!美味しいお米ベスト3!

  

MENSHO (メンショウ)護国寺  潮らーめん 挽きたて小麦つけめん

 独学でらーめんを極め、都内や海外に9店舗を営み、各店舗でそれぞれ違ったオリジナルメニューで人気を博している、行列のできるらーめん店に行ってきました。

MENSHO(メンショウ)

です。

f:id:k0316shank:20180523221419j:plain

 いきなりオシャレな出で立ちで、センスの良さが伺えますね。らーめんが美味しい店は店構えも立派なもんです。

有楽町線護国寺駅6番出口を出て、右に徒歩1分。落ち着いた感じの看板がみえてきます。伝説の「ちゃぶ屋」があった場所です。 

   

f:id:k0316shank:20180523221538j:plain

 この日は日曜の14時過ぎだったので数人の列でしたが、お昼時なら遠くからでもわかるくらいの行列が出来ていると思います。

 

f:id:k0316shank:20180523221513j:plain

 お店のデザインはシンプル。MENSHOとは、元々2005年、市ヶ谷に自らの名前である庄野をとって、1号店「麺や庄の」をオープンし、2010年に「株式会社麺庄」を設立。それがメンショウの由来。ほかにも「二丁目つけめんGACHI」や「麺や庄のgotsubo」、「油そば専門店GACHI」など、そしてラムで有名な「MENSHO TOKYO」、さらに「麺や庄のラゾーナ川崎」、「MENSHO TOKYOサンフランシスコ店」「箸とレンゲ」と。様々な店舗展開でそのメニューも多岐に渡っています。

 

f:id:k0316shank:20180523221643j:plain

 入口前にはお茶が無料で提供されています。行列ができる店ではもはや当たり前と言っても過言ではないですね。

 

f:id:k0316shank:20180524230424j:plain

 メニューは潮らーめん醤油らーめん挽きたて小麦つけめん駿河湾桜海老つけめん。贅沢なトッピングには鶏のせ鴨のせ味玉(醤油、西京漬け)。うずらの味玉卵かけごはん鶏漬丼鴨ごはん白ごはん

 

f:id:k0316shank:20180523221726j:plain

 並んでいる途中で食券を買い、また列に戻ります。ここはやはり定番の潮らーめん挽きたて小麦つけめん

 

f:id:k0316shank:20180523221920j:plain

 店内もオシャレで、ピカピカに磨かれ、カウンターの照明は写真を綺麗に撮れるよう1000ルクスにしているようです。カウンター上にはナプキンとお箸、レンゲがすでに整えられています。

 

f:id:k0316shank:20180523221955j:plain

 隣には製麺室があり電動石臼で玄麦を挽いているところが見られます。らーめん店初の自家製粉でしょうか。最先端らーめんですね。この機械かなりの値段だそうです。挽いた小麦をすぐさま製麺して、すぐさま食べられるというのは、最高の贅沢ですね!

 ちなみに他の系列店の麺もここで打っています。 

 

f:id:k0316shank:20180523222049j:plain

 お水はセルフサービスになっていますが、これまたスタイリッシュな給水器でして、もはやらーめん店の域を超えてますね。

 壁には、生産者の想いをらーめんを通じて消費者へというコンセプトであるFarm to Bowl の解説が書かれています。ホームページに和訳で書かれているので、読んでみるといいでしょう。

 

 席に着くとあまり待たずに潮らーめんが着丼。いただきます! 

f:id:k0316shank:20180523222151j:plain

 いや~美しい!芸術作品のような、まるで美術館に来ているようです。丼の上にはホタテ貝柱にネギを炭化させた粉末をまぶしたものや、カラスミの粉末を乗せるために特殊な形状をしています。 

f:id:k0316shank:20180523222217j:plain

 横から見るとトランペットの先端みたいですね。ではまずスープから。え?これがらーめん?ていうか千円でいいの?っていう味です。動物系食材は使わず、鯛、ホタテ、そして希少な沖縄海塩ぬちまーすをはじめ、国産海水塩であっさりながら味わい深く、ホタテ油、カキ油で香りとコクがある~。添加物は一切不使用でこれだけキレのある味。さすがラーメンクリエイターですね!さぞかし女性客ばかりかと思いきや全然そんなことはなく、このらーめんを求めて世界中から人々が集まっています。

 

f:id:k0316shank:20180523222448j:plain

 麺は、岩手産「ユキチカラ」の玄麦と北海道産小麦「春よ恋」の挽きたてで、小麦の持つ香りを余すことなく感じられて、甘味や味わい深さがスープに負けずに、良いコンビネーションを生み出しています。細麺ながらモチモチ感もあり風味も良し。からすみをチョン付けして味変してみましょう。

 チャーシューの代わりには大山鶏の昆布でしめたタタキがまたジューシーだし、キメ細かな肉質を噛む食感は格別!対照的にトゥルトゥルっとマグロのワンタンも美味しい!

 スープを全部飲むには、丼の形状的にトンデモナイことになりそうなのでレンゲでひたすらすくって完飲!

 

 こちらは挽きたて小麦つけめん。  

f:id:k0316shank:20180523222301j:plain

 飲む温泉水「薩摩の軌跡」とぬちまーすが添えられてきます。 まずは麺を温泉水に浸けて食べてくださいと、説明を受けます。どれどれ。んふー!スゴい!まるで生蕎麦みたいな美味しさ。少しざらっとした舌触りに噛むほどに広がる風味。そば粉は使ってないのに十割蕎麦を食べてるみたい!

f:id:k0316shank:20180523222336j:plain

 ぬちまーすにチョン付けしても美味しい!小麦の旨味がより引き立てられて、感動!

これほどまでに美味しいと、もはやつけダレはいらないんじゃないかって思ってしまいますね。いやいや、そこはMENSHO、つけダレだってやってくれるハズ。 

f:id:k0316shank:20180523222415j:plain

 お~!今までに味わったことがない新しい味!これが鴨白湯か!スゲーうまい!濃厚でトロトロ!岩手がもと野菜だけのベジポタスープですね。6時間丁寧に煮込み、一晩寝かせて旨味を引き出したスープは唯一無二!後半はすだちを軽くしぼってさっぱりと清涼感UP!じつはこの時、すだちを床に落としてしまったのですが、スタッフさんが速やかに拾ってくれて、笑顔ですだちを交換してくれました。神対応にも感謝です。  

 

f:id:k0316shank:20180523222515j:plain

 鴨のレアチャーシューは、とても柔らかく、クセもなくなかなかの絶品で、これはひそかに人気があるよですね。ぜひ追加トッピングしてもらいたいです。兵庫県産ケールもさっぱりしててすだちとの相性がいい。

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 MENSHO  東京都文京区音羽1-17-16

 03-6902-2878

 11:00~15:00

 定休日 月曜日、火曜日 

 

 あの伝説の名ゲームをもう一度楽しんでみないか?誰しもがお店に並び、寝る間を惜しんで夢中になったドラゴンクエストを今、再び! 

   

麺屋 海神  新宿本店  あら炊き塩らぁめん あら炊き辛塩らぁめん

 毎年ゴールデンウィークには旅行にでかける方が多いと思いますが、2018年は天気も悪く、あまり連休が取れなかったので、ゴールデンウィークでも営業している美味しいらーめん店に行ってきました。

麺屋 海神  新宿本店

です。

f:id:k0316shank:20180509132545j:plain

 JR新宿駅東南口から徒歩1分。階段を降りて真正面にあるビルの2Fに店舗があります。2007年10月の開店当初は1Fに大人のオモチャのお店があって、入りにくい方も多くいたかも知れないですが、今では別の店に変わり行列が当たり前の有名店になり、吉祥寺、府中、立川と、店舗が増えています。 

 

f:id:k0316shank:20180509132748j:plain

 鮮魚のあらを使用しているので、看板にはまるで魚屋か水族館かっていうくらい魚がたくさん描かれています。そして海の神という屋号。鮮魚に対するリスペクトでしょうか。

  

f:id:k0316shank:20180509132626j:plain

 2階に上がる階段は、とても狭く人がすれ違うのも大変なので、この階段で待つことは出来なくなっています。店舗の外の黄色いカラーコーンを先頭に仲良く並びましょう。  

f:id:k0316shank:20180509132708j:plain  

f:id:k0316shank:20180509132825j:plain

 この日はゴールデンウィークも終盤の15時過ぎで、さすがに行列こそなかったものの、店内は満席!入口付近にも数名が並んでいる状態。新宿ということもありますが、2階というハンデがありながら客が途絶えないのはスゴい人気ですね。

  

f:id:k0316shank:20180509132937j:plain

 階段を上がると大海原の扉がお出迎え。この中で数人待つことが出来、スタッフがオーダーを聞きにきます。券売機はなし。麺の大盛り無料なのがありがたいですね。

 

f:id:k0316shank:20180509190038j:plain

 メニューは、あら炊き塩らぁめんあら炊き辛塩らぁめん。どちらもへしこ焼きおにぎりトッピングがおすすめ。ちなみにへしことは、サバなどを塩漬けにし、さらにぬか漬けにして長期熟成させた若狭地方の伝統料理で、お茶漬けや酒の肴などに親しまれています。

 

f:id:k0316shank:20180509190119j:plain

 トッピングは海老つみれ鶏つくね白髪ねぎ水菜三陸わかめ味玉子パクチー。ご飯ものには小どんぶり明太子丼白飯へしこ焼きおにぎりへしこ茶漬け

 

f:id:k0316shank:20180509190149j:plain

 おつまみはソーセージたこわさ山くらげ。と、らぁめんが2種類の割りにはご飯ものやおつまみ、アルコール類が充実。

今日はあら炊き塩らぁめんあら炊き辛塩らぁめん中辛大盛り味玉トッピングへしこ焼きおにぎり付きをオーダー。  

 

f:id:k0316shank:20180509133021j:plain 

f:id:k0316shank:20180509133055j:plain

 入口前には豊華食品の木札や麺箱があります。遠藤店主の知り合いの製麺所だそうでスープと麺の絡み方を考えて作った特注麺です。 

 

f:id:k0316shank:20180509133138j:plain

 店内はカウンター6席、テーブル10席で広め。カウンターはゆとりのある間隔で落ち着いて食べられますね。

 

f:id:k0316shank:20180509133214j:plain

 カウンター前には「本日のあら」が貼られてあり、メインで使用しているあらが日替わりなので毎日ビミョーに味が変わっています。毎日しっかり美味しいスープになるように苦労しているそうですが、特にアナゴのあらは甘くて上品な味わいになるらしく、レギュラーメンバーだそうです。  

  

f:id:k0316shank:20180509133510j:plain

 本日のあらの隣には、サイン色紙がたくさん貼られています。有名人も多く訪れるほどの人気店みたいですね! 

 

f:id:k0316shank:20180509133547j:plain

 カウンターには、スープ、麺、具材のこだわりが書かれています。なるほどふむふむと読んでるうちに、あら炊き塩らぁめん着丼!いただきます! 

f:id:k0316shank:20180509133626j:plain

 盛り付けが美しいですね!3日見続けても飽きなさそうですが、麺が伸びてしまうので、まずはスープをひとくち。すごくあっさりで上品な味わい。でもしっかり塩が効いていて、物足りなさは感じない絶妙なラインで、魚介の旨味がじんわり広がってきます。これは美味しい~。女性客からの支持率も高そうですね。

 

 麺は細麺ストレートですが、モチモチしてコシもあり、小麦の旨味がしっかり味わえます。2種類のブレンド小麦を熟成させているので旨味が倍増し、コシが生まれているんですね。

 

 薬味にはミョウガや大葉、生姜が大活躍!なかなかイイ味を出していてスープとの相性がスゴくいい。そして糸唐辛子と白髪ねぎが彩りを与えています。

 

 こちらがあら炊き辛塩らぁめん中辛大盛り味玉トッピングへしこ焼きおにぎり付き

f:id:k0316shank:20180509133657j:plain

 黄金色のスープにピリッとアクセントがあって、中辛にしてはまあまあ辛め。でも魚介の風味を邪魔せず、違う角度から刺激してくるような印象。これはなかなかないパターンですね。食欲が湧き、麺大盛りでもガンガンいけちゃいます。ちなみに辛塩はけっこう激辛のレベルなので自信がある人にはおススメです。  

 

f:id:k0316shank:20180509133730j:plain

 ピンク色の海老つみれは、タラのすり身がふわふわでプリプリした海老で食感が良く、鶏つくねも軟骨入りでコリコリ&もふもふで美味しい!ヘタにチャーシューを入れるよりもはるかにイイですね。 

 

f:id:k0316shank:20180509133754j:plain

 味玉は別皿で出てきましたが、シンプルに塩ダレで味付けしてあり、いい塩梅。 

 

f:id:k0316shank:20180509133821j:plain

 麺を食べきったら残ったスープにへしこ焼きおにぎりをドボンして、お茶漬けにします。これがまた香ばしくてへしことスープの魚介の相乗効果で旨味倍増!

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

f:id:k0316shank:20180509185801j:plain

 

 麺屋 海神  東京都新宿区新宿3-35-7さんらくビル2F

 03-3356-5658

 月曜~金曜 11:00~15:00 16:30~23:30

 土曜日 11:00~23:30

 日曜日 11:00~23:00

 定休日 なし

 

 らーめんに上質な水が使われている様に、我々の生活にも水は大切。また、災害時のための備蓄や、毎日の飲み水、料理に最適な水、ベスト3! 

  

ブンブンブラウカフェ ウィズ ビーハイブ  アグー叉焼の醤油ラーメン 白トリュフ塩ラーメン

 最近は、らーめんと言えども健康志向で女性ウケの良さが流行ということで、天然素材や逆浸透膜水、水素水、そしてスーパーフードであるスピルリナを使用し、3年連続ミシュラン掲載の超人気である、

BumBun BLau Cafe with BeeHive (ブンブンブラウカフェ ウィズ ビーハイブ)

に行ってきました。

f:id:k0316shank:20180318192458j:plain

 旗の台駅東口を右に徒歩1分。牛角や庄やのあるビルの2階にカワイイ蜂のマークのブンブンブラウカフェがあります。経営しているのは、現在は閉店していますが、以前千葉県の九十九里浜の海岸沿いでカフェと石釜ピザ、そして高級食材を使った塩らーめんで人気の「Bee Hive(ビーハイブ)」。直訳で蜂の巣ですが、にぎやかな場所という意味もあるんですね~。 

 

f:id:k0316shank:20180318192532j:plain            

 このお店はカフェというだけあって、らーめん専門店ではなく特大のインスタ映えするかき氷も大人気で、美人店主の鈴木さんはエステティシャンでもあり女性専用エステも併設されています。 

 

f:id:k0316shank:20180318192601j:plain

 店舗はJ・BOXというビルの2階にあり、1階はエントランスで、地下に降りる階段と、エレべーター、2階へ上る階段がある広い空間。 

 

f:id:k0316shank:20180318192626j:plain

 この日は日曜日の12時半過ぎ。2階に上がる階段に10人ほどの列。遅すぎたか~と思っていると、らーめんだけの食事の客は先に案内してもらえるようで、あまり待たずに入店。どうやら、かき氷目的の客のほうが多いようですね。

 

f:id:k0316shank:20180318192734j:plain

 2014年6月オープンで、2015年のミシュランガイド、ビブグルマン掲載というスピード出世!2016年、2017年も連続の掲載で多い時はビルの外まで行列ができる超人気店!スゴイデスネ~。今では海外進出も果たし、ラーメンとかき氷ともに有名です。

  

f:id:k0316shank:20180318192656j:plain

 客層は9割が女性。女性のお一人様も多いですね。連窓から外を眺めながら食事できるテーブル席が二人掛け12席。その上には店内ぐるっと一周サイン色紙がズラリ!有名人の来店やテレビ取材など勢いは止まりませんね。

f:id:k0316shank:20180318192827j:plain

 こちらのサイン色紙は千葉のビーハイブの時のもの。 

 

f:id:k0316shank:20180318192850j:plain

 スピルリナとはユーグレナ同様、の一種でビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維など、約50種類以上の栄養、健康成分が含まれ、高タンパクで鉄分が豊富。消化吸収率95%というスグレモノ!これを麺に練り込んで、健康面を気にする方でもらーめんを食べられる画期的なシステム!

 

 醤油ラーメンメニューは、

アグー叉焼の醤油ラーメン・・・800円

名古屋コーチン味玉の醤油・・・900円

ワンタン麺醤油・・・・・・・・950円 

チャーシューメン 醤油・・・・1100円

全部のせ(味玉・雲呑・叉焼増し)1200円

 塩ラーメンメニューは、

白トリュフ塩ラーメン・・・・・850円

名古屋コーチン味玉の塩・・・・950円

ワンタン麺塩・・・・・・・・・1000円

 つけ麺は、

ゴールデンポークつけ麺(塩、醤油)・・・900円(スピルリナ入り細麺)

 担々麺もあります。

自家製XO醤  汁無し担々麺・・・800円

 ごはんものは、

こだわりの卵かけごはん・・・・350円(さっぱりはアローカナ、濃厚は名古屋コーチン

アグー叉焼丼(限定数あり)・・350円

千葉県産多古米ライス・・・・・150円 

 そして、かき氷も10種類ほどの豊富なメニュー数で何回も通いたくなる美味しいものばかりですが、ここでは割愛。 

 

 鈴木さんがせっせと一人で調理してくれたアグー叉焼の醤油ラーメン。いただきます! 

f:id:k0316shank:20180318192922j:plain

 弓削田醤油と煮干しの芳醇な香り。このスープを一口飲んだだけで癒されました。ハーブ鶏、霧島鶏の上品なスープに追い煮干しの濃厚な旨味。そこへ弓削田生醤油の香りが口いっぱいに広がり、脳を刺激し鼻に抜ける豊かな香り。感動の美味しさで、個人的には、ミシュラン掲載の白トリュフ塩ラーメンよりアグー叉焼の醤油ラーメンの方が好きですね。油にはアグー豚のラードを使用。オレイン酸を含んでいるため体に脂肪をためにくいんだそうです。

 ちなみにスープに使用している水は、逆浸透膜水で、野菜洗いにはオゾン水。飲み水に水素水というこだわりよう。ありがたいですね。 

 

f:id:k0316shank:20180318192953j:plain

 麺は、スピルリナを配合した自家製麺で、水は軟水を使用。小麦の旨味に加え、藻の味なのか青味を感じるような、プリッとした食感がおもしろい麺です。醤油、塩、坦々麺、つけ麺で仕様が異なるようで、醤油は中細ストレート麺ですが、塩は少し平打ちになっています。 

 

f:id:k0316shank:20180318193023j:plain

 チャーシューには遠赤バーナーで炙ったゴールデンポークのバラ肉、アグー豚のモモ肉、低温調理の鶏ムネ肉と豪華。肉の旨味がジュワジュワ溢れてきて、普段食べている肉とは全く違う味にビックリ!柔らかく、よくほぐれる肉質はかなり手が込んでいるのではないでしょうか。 

 

f:id:k0316shank:20180318193058j:plain

 そしてこの名古屋コーチンの味玉がもうっ!余計な味付けはせず、卵本来の旨味がモノスゴイ!茹で加減も絶妙でトロ~リと黄身に濃厚な旨味、プルンプルンの白身。ヤバい。 

 

 こちらはミシュラン掲載の白トリュフ塩ラーメン。 

f:id:k0316shank:20180318193126j:plain

 スープが透き通りすぎて、緑色の麺がはっきり見えていますね。オリーブオイルにアルバ産の白トリュフを漬け込んだ香り高い香味油が金色に輝いています。白トリュフと言えば、北イタリアのピエモンテ州アルバ産が世界最高峰で超高級食材ですので、とても贅沢なラーメンが850円でいただけるなんて、もう幸せですよ。

 鶏を丁寧に炊き上げ、ここまで透き通っていながら27種類もの食材を使用して旨味が凝縮された、あっさりしていて優しく塩味を味わえる奥深い一杯。

 

 トッピングはシンプルにゴールデンポークのバラチャーシュー、白髪ねぎ、糸唐辛子、アサイーの新芽のピクルス、クレソン。すべて体のために計算されています。

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 ブンブンブラウカフェ ウィズ ビーハイブ  東京都品川区旗の台3-12-3 J BOXビル2F

 03-6426-8848

 12:00~15:00 18:00~23:00(売り切れ次第終了)

 日曜日 12:00~16:00(売り切れ次第終了)

 定休日 水曜日 

 

 最高の音楽を聴くなら質の良い音が不可欠!ワイヤレスでも劣化しない最高の音質であなたの毎日もハイレベルに!Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンベスト3! 

  

家族のらーめん食堂 はないち 春日町店   特製塩らーめん 特製醤油らーめん 

 

 2018年3月10日。この日は、僕の大好きならーめん店である、練馬の「はないち」の新店がオープンするということで、ずっと楽しみにしていたので食べに行ってきました。

家族のらーめん食堂 はないち 春日町

です。

f:id:k0316shank:20180310174333j:plain

 都営大江戸線練馬春日町駅A3出口から豊島園通りを北豊島園自動車学校方面へ徒歩5分。すぐ近くには激安コインパーキングもあり、電車でも車でも行きやすい場所にあります。

 

f:id:k0316shank:20180310174616j:plain

  店頭には友人一同からや施工業者である中本工務店からのお祝い花がありました。

クラウドファンディングでたくさんの人からの支えによってオープン出来たようで、店主の伊藤綾さんの人柄や人徳あってこそなんだろうなと思います。僕も伊藤さんや娘さんの晴名ちゃんの大ファンですから。国分寺店や池袋店では伊藤さんの想いが伝わらずうまくいかなかったようですが、再出発とういことで、優しい思いのこもった新店オープンおめでとうございます!

 

f:id:k0316shank:20180310174803j:plain

 伊藤さんの女性目線、主婦目線での家庭的なお店づくりで、「家族のように温かく、笑顔になれる、第二の食卓」というテーマのもとに、気合の入った新店です。

オープンは11時でしたが、12時前に来店した時点で数人の列が出来ていたので、おそらくオープン前から多くの人が並んでいたのでしょう。

 そして、通り過ぎる車のドライバーや通行人はみんな注目していて、気になっていた様子。今後も多くの人達に愛されるお店になってくれたらいいですね。

 

f:id:k0316shank:20180310174858j:plain

 メニューは基本の塩らーめん海老塩麺つけ麺があり、練馬店で以前提供されていた醤油らーめんも復活し、らーめんにはそれぞれノーマルワンタン特製チャーシューお子様用が選べます。つけ麺は、塩、醤油、海老塩、あえめんも塩と醤油があります。

 

f:id:k0316shank:20180310175114j:plain

 そして定食や手づくりおでんも登場し、メニューの幅が広がりパワーアップしてます。

A日替わり定食Bカレー定食C自家製タルタルのから揚げ定食

おでんの具材は、たまご大根糸こんちくわぶちくわ厚揚げはんぺんさつま揚げうずら〆の茹で麺が100円。

牛すじ手羽肉もち巾着ウインナー〆の焼きおにぎりが150円。

 おつまみもたくさんあって、らーめん目的ではなくても一杯かるく呑みに来てもOKですね。

 

f:id:k0316shank:20180310175225j:plain

 15分ほどで入店。看板娘のはなちゃんが迎えてくれました。成長したはなちゃんがめちゃくちゃ可愛くなっていてビックリ!お母さん似ですかねぇ。麺の太さやおでんの具材の注文取りなど、しっかりこなしていました。

 回転の速さは重視せず、温かくゆっくり食事ができる「居場所」として居心地重視のお店なので、待つ時は待つかもですね。

 オーダーは、ハズせない特製塩らーめんと復活した特製醤油らーめん。それとおでんから大根ちくわぶちくわもち巾着をチョイス。

 

f:id:k0316shank:20180310175405j:plain

 カウンターは6席でゆったりと隣の席との間隔があって、ヒジが当たらなくてイイ!

そしてお冷は水ではなく麦茶だったのも嬉しいですね。 

 

f:id:k0316shank:20180310175442j:plain

 スタッフのみなさんは、はないちTシャツを着て、まだ不慣れながらも一生懸命頑張ってくれていました。それでも和気あいあいとアットホームな感じもあり、いい雰囲気でしたね。なにより綾さんがいつも素敵な笑顔だからこそ。

 

 最初に手づくりおでんが登場。いただきます!

f:id:k0316shank:20180310175520j:plain

 個人的にちくわちくわぶは大好きな具材で、やっぱりおでんの場合は関東タイプの焼きちくわが合いますね。ちくわぶに関しては小麦粉じゃねーか!と思う人も多いかもですが、ダシがしっかり染み込みやすくて、ダシが美味しければ美味しいほど美味しいので、はないちのおでんは心に沁みる温かい美味しさ!もち巾着も大好き。大根はあまり好みではないんですが、この大根は好きになりましたね~。おでんには、からしと柚子胡椒が付いてきます。

 

 特製塩らーめんの着丼です。いただきます!   

f:id:k0316shank:20180310175602j:plain

 値段と見た目は、本店と同じですね。ではスープから。うん!温度も本店同様アツアツで、味も変わることなく完璧!しっかりと濃厚な鶏白湯で鶏の旨味と甘味が感じられます。そこに牡蠣のコクや風味で味に厚みが生まれ、海苔があることによって磯の香りや爽やかさを演出していて、相変わらず優しい味。引き立て役のフランス産の塩が文字通りいい塩梅で、絶妙な塩加減。

僕にとってのおふくろの味と言っても過言ではない!毎日食べたいですね。

   

f:id:k0316shank:20180310175625j:plain

 麺も本店と同じ山口や製麺所と思われます。中細麺でわずかに全粒粉が入れてあるようで、北海道産小麦粉「春よ恋」の風味豊かさとわずかな甘味がスープにピッタリ。以前よりコシやモチモチ感がUPしたような気がしなくもないが、つるっとした食感で、お子様でも食べやすい麺ですね。天然かんすい「蒙古王」を使用しているのもお子様中心の食卓というこだわりの表れなんだと思います。 

 

f:id:k0316shank:20180310175703j:plain

 チャーシューはしっかり炙って、旨味を閉じ込め、香ばしくてホロッホロの柔らかさがタマラナイ!箸で持ち上げると崩れてしまうほどにホロッホロ。でも噛むと旨味が溢れてきて、ついつい笑顔も溢れてくる、家族で幸せを共有できるようなチャーシューですね。

 

 コチラは特製醤油らーめん。 

f:id:k0316shank:20180310175835j:plain

 鶏白湯の濃厚さと牡蠣の旨味をそのままに醤油仕立ての和風鶏白湯です。しっかり醤油の風味や甘味が効いていてまろやかさが際立ちます。チャーシューや海苔との相性も良く、大人も子供からも受け入れられる味だと思います。

 味玉は白身プルプルで黄身がトロッと卵本来の旨味を活かしたほのかな塩味。

最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした! 

 

 家族のらーめん食堂 はないち  東京都練馬区春日町4-18-8

 03-6875-5861

 火曜~土曜 11:00~15:00 18:00~22:00 

 日曜 11:00~15:00 

 定休日 月曜日

f:id:k0316shank:20180310175913j:plain

 伊藤さん親子の写真を撮りたいと申し出たところ、ご一緒にということでお言葉に甘えて撮らせていただきました。すごくいい笑顔ですね。ありがとうございました。

 はないち 練馬店の記事↓

0316shank.hatenablog.com

 らーめんもいいけど、それは毎日の白米あってこそ!らーめんが美味しく食べられると思いませんか?買って帰るのが重くて大変だという方はコチラ↓ 注文すれば自宅にお届け!美味しいお米ベスト3!

  

つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店   ベジポタ味玉・肉入りつけ麺

 正統派横浜家系らーめんでお馴染み「六角家」の直系である、吉祥寺の「洞くつ家」に行こうと思い、出向いたところ、まさかの改装中でフラれてしまい、別の店を探すことに。

でも吉祥寺のイイところはらーめん店の激戦区!たくさんあるので、今回はココ。ベジポタスープの有名店、

えん寺 吉祥寺総本店

に行ってきました。

f:id:k0316shank:20180220222317j:plain

 この「えん寺」グループ 、もともとは東高円寺の「麺屋 えん寺」が発祥で、現在は吉祥寺店が総本店となっていて、吉祥寺のらーめんランキングでも1位に君臨するなど、常に行列の絶えない人気店です。

 他に中野の「二代目 えん寺」や「つけ麺 花みずき」、渋谷の「道玄坂 マンモス」、池袋の「ベジポタつけ麺 えん寺」など姉妹店がどんどん増えています。

 

f:id:k0316shank:20180220222346j:plain

 吉祥寺駅南口を出て右にすぐ、この看板が見えます。さらにこの右奥に店舗があります。この通りはバス通りなので通行の際はバスに気を付けましょう。 

 

f:id:k0316shank:20180220222410j:plain

 日曜日の吉祥寺のお昼なんて行列がヤバすぎてマジ卍!と思い、時間をズラして2時半頃ですが、それでもまだ20人程の列。カップルやファミリー、若者など客層も広く、待ち時間の長さ故、隣の寿司屋に変更する人や、途中で帰る人もチラホラ。この列を見て諦める人もしばしば。 

 

f:id:k0316shank:20180220222442j:plain

 壁には紹介された雑誌のコピーが大量に貼ってあります。麺箱もたくさん積まれていましたが、製麺所の表記はナシ。製麺所非公開となっており、自家製なのかどうかもわかりません。 

 

f:id:k0316shank:20180220222613j:plain

 吉祥寺店では3種類から選べるのも人気の秘訣。

「H-1極太胚芽麺」はコシが強く、小麦の風味が良い。そばのような麺。

「A-6極太もちもち麺」はつるつるもちもちしてのど越しが良い。うどんのような麺

「N-2国産小麦太麺」は風味、コシ、のど越しのバランスが良い麺。

 

f:id:k0316shank:20180220222727j:plain

 

f:id:k0316shank:20180220222516j:plain

 先に食券を購入して並びます。もちろんベジポタ味玉・肉入りつけ麺極太胚芽麺で大盛りで購入。  

 

f:id:k0316shank:20180220222811j:plain

 30分ほど待ち、店内のイスでも少し待ち、コの字型のカウンターへ。カウンターのみですが13席あるので、それほど回転は悪くなさそうです。でも食券を渡してから麺を茹でるのと、麺をよく味わって食べているようで、退店までには時間がかかりそうですね。 

 

f:id:k0316shank:20180220222843j:plain

 カウンターの正面にはスープや麺の解説が詳しく表記してあります。読めば読むほどつけ麺が美味しくなっていきます。

 

 10分ほど待ちベジポタ味玉・肉入りつけ麺極太胚芽麺お待ち丼!いただきます!

f:id:k0316shank:20180220222923j:plain

 まずは麺をそのまま食べてみます。もぐもぐターイム!どうだーい?スゴくモチモチでおいしいねー。そだねー。(そだねーJAPANをバカにしているわけではありません。)

小麦の豊かな風味が噛むほどに鼻に抜け、弾力のある噛みごたえと、噛み切る時のムチッとした歯触りが心地いい麺ですね。  

f:id:k0316shank:20180220222950j:plain

 かるく縮れていてスープとの絡みもバランス良く、濃厚なスープにピッタリな濃厚な小麦感!胚芽はビタミン、ミネラルが豊富で栄養価が高いので女性からの支持も厚いですね。

 

 つけダレはベジポタとは言っても濃厚な魚介豚骨で、直接野菜の味を感じるわけではなく、豚骨の脂を抑え、旨味を引き出し、野菜の甘味が加わることでコクと後味の良いサッパリ感が味わえます。

初めに辛味が立ち、しっかりと酸味を効かせて甘味が来る、とても味わい深いつけダレで、麺との絡みもバツグン!かつお、サバ、煮干し、海老などの魚介で奥行のある味の厚みと柚子の風味が彩りを与えてくれます。 

 

f:id:k0316shank:20180220223016j:plain

 チャーシューは肉の繊維を噛み切る時のサクサクっとした食感が素晴らしく、適度な柔らかさで、5枚も入っているのがありがたい! 

 

f:id:k0316shank:20180220223041j:plain

 味玉は茹で加減が絶妙なトロ~リ具合で、塩味の効いたシンプルでプルプルの美味しさと食感を兼ねた、つけダレに良くなじむ味玉です。

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店  東京都武蔵野市吉祥寺南1-1-1南陽ビル1F

 0422-44-5303 

 11:00~22:00(平日のみ16:00~17:30休憩)

 定休日 なし   

 

 あの伝説の名ゲームをもう一度楽しんでみないか?誰しもがお店に並び、寝る間を惜しんで夢中になったドラゴンクエストを今、再び! 

   

俺の創作らぁめん 極や(きわみや) 上野広小路店  四川担々麺 特製らぁめん(塩)  

 今日は、お気に入りの担々麺を食べに上野にやってまいりました!美味しい担々麺を提供している店は多々ありますが、個人的にイチバン好きなのが、

俺の創作らぁめん 極や 上野広小路

です。

f:id:k0316shank:20180217205922j:plain

 以前、神田神保町店を紹介しましたが、2015年2月に3号店の上野広小路店もオープンしており、気になっていたので行ってみました。席数が39席と多いので行列こそなかったものの、日曜日のお昼ということで常に満席。

 

f:id:k0316shank:20180217210009j:plain

 金文字の看板はインパクト大で目立ちますね。そして金文字の看板のらーめん店にハズレなし!

1号店の神田神保町店は2011年10月24日オープン。2号店の麹町店は2013年12月8日オープン。3号店のここ上野広小路店が2015年2月12日オープン。そろそろ4号店も期待したいですね~。

 

f:id:k0316shank:20180217210050j:plain

 海老ポタらぁめん上野広小路店の限定メニューで、1年間ものあいだ試作を繰り返したようで気になりましたが、またの機会に。

f:id:k0316shank:20180217210211j:plain

f:id:k0316shank:20180217210240j:plain

 メニューは、海老ポタらぁめんらぁめん(塩)らぁめん(醤油)香味らぁめん~揚げネギ風味~炙りチャーシューらぁめん全部のせらぁめん四川担々麺、そしてつけめん(魚介・鶏とんこつ)

ご飯ものはチャーシュー丼旨ネギ丼たまごかけご飯ごはん。その他トッピング類。  

f:id:k0316shank:20180217210406j:plain

 紙エプロンやヘアゴムは完備!今やもうあたりまえですね。 

 

f:id:k0316shank:20180217210435j:plain

 今回注文したのは、お目当ての四川担々麺特製らぁめん(塩)

 

f:id:k0316shank:20180217210505j:plain

 丸山製麺の木札。券売機の横に設置するところがニクイですね。 

 

f:id:k0316shank:20180217210631j:plain

 調味料はとくに変わったところはありませんが、小皿があるのがイイですね。上野ですからファミリーやお子様にはありがたいでしょう。

 

さあ、いい香りと共に四川担々麺着丼です。いただきます。

f:id:k0316shank:20180217210703j:plain

 それにしても香りがいいですね~。早く画像越しに香りが伝わる時代になるといいんですけどね~。トロッとした濃厚な豚骨の甘味、胡麻の風味と四川産の山椒、八角など香辛料を独自に配合して作り上げたラー油のピリ辛さのバランスが秀逸!そして酸味も程よく効いて、肉味噌の旨味、甘味、ザーサイやナッツなどによる奥深さやコクが増して、複雑に折り重なった旨味の層が何度も味覚を刺激してきます。スープは3層構造なのでまぜるな危険!味の変化を楽しみましょう。付属のレモンもおもしろい効果がありますよ。

 

 麺は、神田神保町の担々麺は細麺でしたが、今回は中太麺でモチモチツルツルの多加水麺。少し縮れているタイプ。ツルルっとすすりやすく、舌触り、歯ごたえがよくて、この麺も好きですね~。

 

 こちらは特製らぁめん(塩)。 

f:id:k0316shank:20180217210738j:plain

 このスープもまた、バツグンにうまい!豚骨、豚、牛、鶏の旨味が幾重にも重なり、野菜の旨味と、魚介の特製オイルの香り深みで、よくある魚介豚骨とは比べ物にならない感動のスープ!そこにヒマラヤ産岩塩がしっかりキメてくれました。こっそり柚子も入っていてほのかに爽やかさを演出しています。

 

 麺は担々麺と同じタイプと思われます。 

f:id:k0316shank:20180217210807j:plain

 豚バラチャーシューは肉の旨味が溶け出した秘伝のタレに一晩寝かせ、しっかり味が染み込んだコクまろなチャーシュー。提供する直前に炙って旨味が逃げないようにしてあって、噛むほどに歯ごたえのある肉質がほどけて、旨味が感じられます。

 

 褐色のメンマもしっかり味が染み込んで、おつまみとしてもおススメです。

味玉は黄身が甘く濃厚でトロ~リ美味しくて、全体的に良くまとまった最高の一杯です。

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 俺の創作らぁめん 極や  東京都台東区上野4-4-3ハトヤビル1号館1F

 03-3834-3271

 月曜~土曜 11:00~翌7:00(ラストオーダー6:40)

 日曜、祝日 11:00~24:00(ラストオーダー23:50)

 定休日 無し

 

 らーめんに上質な水が使われている様に、我々の生活にも水は大切。また、災害時のための備蓄や、毎日の飲み水、料理に最適な水、ベスト3!