らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

はないち  練馬店  特製しおらーめん 味玉えびしおめん

 今年も終わりに近づき、平年よりひと月先の気温で毎日寒いですが、そんな寒い時こそピッタリならーめんが練馬にあるので行ってきました。

鶏と牡蠣の白湯しおらーめん はないち

です。

f:id:k0316shank:20171205205223j:plain

 練馬駅北口から商店街に入り、北東に延びる弁天通りを徒歩6分。地元民の老若男女幅広く人気のあるお店で、テレビでも、女性店主のらーめん店として取り上げられています。オープン当初はいろいろあったようですが、美味しいらーめんの人気店になって本当に良かったな~と思います。

 

f:id:k0316shank:20171205205622j:plain

 メニュー表は写真付きで色分けもしてあり、とてもわかりやすい。お子様らーめんもあり、店内には座敷やお子様用のイスなど、主婦目線を活かしたこだわりが伺えます。

以前は店主の伊藤綾さんと小学生の娘さんで切り盛りしていたのですが、国分寺の2号店や池袋の3号店がオープンしたりでかなり忙しそうで、練馬店でも店長をはじめスタッフさん数名がお店を任されているようです。

 

f:id:k0316shank:20171205205704j:plain

 メニューの下に牡蠣の貝殻がありましたが、メインとなるらーめんは、濃厚な鶏白湯ベースに牡蠣の出汁が効いたしおらーめん。もうひとつの人気らーめんは、海老の頭と干しエビが旨味を爆発させたえびしおめん。そしてしおつけめんあえめん大葉香る梅しおらーめん、限定の野菜らーめんあえめん肉味噌など、どれも美味しそうですね。

 

f:id:k0316shank:20171205205824j:plain

 やっぱりここはハズせない特製しおらーめん味玉えびしおめんをチョイス。太麺と細麺の2種類から麺を選べるので、特製しおらーめん太麺味玉えびしおめん細麺にしました。

 

f:id:k0316shank:20171205205917j:plainf:id:k0316shank:20171205205942j:plain

 カウンターの様子。追加オーダーはもちろん、アルコールやおつまみ、おみやげに包んだりと、サービスいいですね。山わさびのチャーシューごはんはクセになる辛さで人気のようです。 

  

f:id:k0316shank:20171205210004j:plain

 2017年でオープンから10周年ですが、店舗はかなり年季が入っていて古い造り。でもすごくキレイでしっかり清掃が行き届いていて居心地も良く温かみがありますね。

 

 太麺は茹で時間が10分かかりますので、しばらく待ち、特製しおらーめんいただきます! 

f:id:k0316shank:20171205210241j:plain

 あ~♡スープが濃厚!鶏白湯の旨味と甘味に牡蠣の風味、磯の香りが次々押し寄せる!無化調で優しく、モノスゴク美味しくて感動すら覚えます。フランスはゲランドの塩が鶏や牡蠣の旨味を引き立て、陰で支えるようにサッパリと優しく効いてます。しかもすみっこにある海苔がまたイイ味出していてとても良く合う~。さすが、最高のマッチングです。

  チャーシューを炙るのは以前は娘さんのはなちゃんの仕事でした。このチャーシューがまた絶品!香ばしくて柔らかくてホロッホロでジューシーで旨味が溢れてきて、病みつきになります!脂の甘味もあり、何枚でも食べたくなっちゃいます。

   

f:id:k0316shank:20171205210311j:plain

 褐色の太麺でうどんサイズ。ていうかこれは極太麺というべきですね!すごく噛みごたえのあるコシの強い麺。北海道産小麦「春よ恋」を使用しており、小麦の風味が良くて少し甘味がある。この麺は是非つけ麺でいただきたいですね。 

 

 こちらは味玉えびしおめんバケット海老唐辛子がついてきます。

f:id:k0316shank:20171205210336j:plain

 海老の香りがスゴいです。海老の頭と干しエビを甲殻まるごと使用しているので旨味を余すことなく味わえて、程よいエグ味もあって、海老好きにはタマラナイ一品です。

 

 麺は中細麺で低加水独特の小麦感とパツッとした食感に「春よ恋」の、もう味そのものがウマすぎてヤバい!伝説の天然かんすい「蒙古王」を使用しているので麺とスープの一体感もバッチリ!

 

f:id:k0316shank:20171205210359j:plain

 バケットにバナメイ海老と海老唐辛子を乗せ、スープにつけて楽しむこともできます。これでもかと海老を堪能しピリッと辛いアクセント。サクサクでもヒタヒタでもどっちでも美味しそうですね。

 

最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 はないち  東京都練馬区練馬2-2-18ハイツ練馬1F

 03-6323-7312

 月曜~金曜 11:00~16:00 18:00~24:00(ラストオーダー23:30)

 土曜日   11:00~24:00(ラストオーダー23:30)

 日曜、祝日 11:00~22:00(ラストオーダー21:30) 

 定休日 なし

  

コチラも要チェック!らーめん撮ったら必須アイテム3選! 

  

  当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

蔵出し味噌 麺場 壱歩  九州麦味噌らーめん 北海道味噌漬け炙りチャーシュー麺

 ひばりヶ丘に3種類の味噌を使い分けた、味噌の使い手の様ならーめん店があって、常に行列を作っているので行ってきました。

蔵出し味噌 麺場 壱歩(いっぽ)

です。

 所沢店や入間店などもそうですが、トレードマークの巨大な樽がとても目立ちます。

f:id:k0316shank:20171127222406j:plain

 ひばりヶ丘駅花小金井駅の中間あたりに位置し、駅からはかなり遠く、バスか車でないと行きにくいというあまり良くない立地条件のこのお店。店舗はかなり大きく、席数もカウンター、テーブル、座敷合わせて38席と広い店内であるにもかかわらず、日曜の14時半で20人の行列。これは予想以上です。 

f:id:k0316shank:20171127222437j:plain

 店舗の外に約10名、店舗内にも約10名。ですが席数が多いので回転も早い。店内のノートに名前と人数を書いてから並びましょう。 

 

f:id:k0316shank:20171127222521j:plain

 すぐ近くにはイオン東久留米店があるので客足を取られそうな気もしますが、 さすがに北海道や信州、九州の本格味噌らーめんが食べられるなら、ショッピングモールの飲食店なんて怖くないですね。いや、むしろイオンの客が流れてきてますね。

 

f:id:k0316shank:20171127222554j:plain

 無料の駐車場が15台分と広々で、 座敷もあるのでファミリー客が大半ですね。

 

f:id:k0316shank:20171127222648j:plain

 しっかりとした、写真付きのメニュー表でわかりやすい。しかも値段が安い! 

味噌は、「やや濃口 」の信州味噌、「甘口」の九州麦味噌、「濃口」の北海道味噌の3種類。そしてトッピング違いで野菜らーめん肉ネギらーめん味噌漬け炙りチャーシュー麺信州味噌タンタン麺北海道味噌超バターらーめん辛味噌らーめん辛味噌野菜らーめんと、品数がかなり豊富。

今回は味の違いがわかりやすい、九州麦味噌らーめんと北海道味噌漬け炙りチャーシュー麺をチョイス。

  

f:id:k0316shank:20171127222817j:plain

 味噌について詳しく説明してくれています。ありがたいですね。塩分量や麹歩合によって大きく味が変わるんですね。

 

f:id:k0316shank:20171127222745j:plain

 味噌の効能が書かれています。日本人にとって健康食である味噌は、毎日味噌汁で当たり前のように摂っていますが、もっとありがたみを感じないといけませんね。
  

f:id:k0316shank:20171127222850j:plain

 らーめん店にはめずらしくアレルギー表があります。 

 

f:id:k0316shank:20171127222917j:plain

 このチャーシューは味噌に漬け込んであり、しっかり味噌が染み込んだチャーシューを炙っているのでとても香ばしそうですね。想像しただけでヨダレがとまらなくなります。

 

f:id:k0316shank:20171127223033j:plain

 この味噌唐揚げも、見た瞬間「食べたい!」いや、「食べなきゃ!」ということで注文確定! 

 

f:id:k0316shank:20171127223145j:plain

 10分ほど待ったら店内で待ち、さらに10分ほどでカウンター席へ。ここは券売機ではなく、スタッフさんがオーダーを取りにきます。 

 

f:id:k0316shank:20171127223222j:plain

 サイドメニューには餃子や丼物があるので醤油、酢、ラー油、七味、豆板醤がとてもキレイな状態で並んでいます。しっかり清掃が行き届いていますね。 

 

f:id:k0316shank:20171203171040j:plain

 ちなみにニューヨーク店では2013年から4年連続ミシュランに掲載されたそうで、所ジョージさんばりに「スゴイデスネ~」と言っている間に、九州麦味噌らーめん着丼!いただきます! 

f:id:k0316shank:20171127223253j:plain

 クリーミーでほんのり甘い味噌の旨味が、鶏がらや豚骨、野菜の出汁が土台となってうまく引き立てられていますね。なんとなく落ち着く、ほっとする、温かみのある味。幸せってこういうことなのかなぁ。そして味噌にはやっぱりもやしが合いますね!フライドオニオンやガーリックは鼻に抜けて、挽肉が味噌と相まってコクまろな感じに仕上がっています。

  

f:id:k0316shank:20171127223334j:plain

 トッピングは味噌の産地に合わせた食材になっていて、九州麦味噌はさつま揚げ。

信州味噌は山菜、北海道味噌はフライドポテトと、しっかり考えられていて思わず舌を巻いてしまいます。

甘めの味噌にさつま揚げと来たら、酒好きなら焼酎が飲みたくなるんでしょうね~。

 

 こちらは北海道味噌漬け炙りチャーシュー麺

f:id:k0316shank:20171127223442j:plain

 チャーシューの存在感がスゴい!味噌は味が濃厚で、ガッツリ味噌を堪能できます。でも、くどくなく、しょっぱさもなく、ワイルドかつマイルドな味わい。この北海道味噌は一番人気のようで、納得の奥深さと風味の豊かさが感じられます。

 

f:id:k0316shank:20171127223517j:plain

 麺は中太ちぢれ麺で、ぷりぷりっとした食感。 ツルツルしていて啜りやすいのでたくさん口に含んでしっかり噛んで、小麦と味噌の旨味を最大限に引き出すことで、味の向こう側がわかる気がします。

 

f:id:k0316shank:20171127223634j:plain

 炙りチャーシューはまるでステーキ店にいるかのような香ばしさで、モノスゴく柔らかくジューシー。味噌の上品な風味と肉肉しいケモノ感がうまく融合していて絶品です。 

 

f:id:k0316shank:20171127223703j:plain

 スープに豆板醤を入れて辛味噌らーめんにしても安定の美味しさ!しかもどちらのらーめんも最後まで冷めることなく湯気が立っていて、アツアツのまま!猫舌なので大変です!

 ちなみに入間店では信州味噌の代わりに伊勢味噌を取り扱っており、武蔵村山店では九州麦味噌の代わりに江戸前味噌を、所沢店ではつけ麺に仙台辛味噌を使用しているので、巡ってみたいですね。

 

 こちらは味噌唐揚げ。 

f:id:k0316shank:20171127224030j:plain

 本当は4個のはずなんですが、写真を撮る前に妻に1個食べられてしまって、なんとかごまかして撮りました。そこまで味噌味噌していなくてほのかに味噌の風味が感じられ、鶏肉本来の旨味を邪魔せず、衣も焦げて苦くならず、肉汁たっぷりのビールが欲しくなるような唐揚げ。肉の繊維を噛み切る時のサクサクっとした食感はタマラナイ!

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 麺場 壱歩  東京都東久留米市南沢5-18-47

 042-439-5220

 11:00~23:00(ラストオーダー22:30)

 定休日 なし

 駐車場 15台 無料

   

 コチラも要チェック!料理に備蓄にミネラルウォーター3選!   

   

  当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

麺処 花田 池袋本店   味噌 辛味噌   

 今までなんとなく、あまり味噌らーめんは食べてこなかったのですが、行列の絶えない味噌らーめん店がいくつか気になっていたので行ってきました!池袋にある、

麺処 花田 池袋本店

です。

f:id:k0316shank:20171114211856j:plain

 野方にある「味噌麺処 花道」で修行をした店主の花田さんが2010年4月にオープンした味噌らーめん専門店。隣の「麺屋 まるはな」は姉妹店で元々「麺処花田となり」としてオープンし、野菜たっぷりの油そばを提供していました。一年後「野菜ラーメンひまわり」として二郎系らーめんでリニューアル。まるはなはタンメンですが、一年後あたりまたリニューアルしてしまうのかな? 

 

f:id:k0316shank:20171114211924j:plain

 この日は土曜の夜21時ですが十数人の行列!やはり人気のある店は看板が黄色ですねー!店を入ったところに券売機があるので先に食券を購入してから並びましょう。

 

f:id:k0316shank:20171115205747j:plain

 柱には三河屋製麺の箱が山積み! テンション上がりますね!

 

f:id:k0316shank:20171115205814j:plain

 メニューは、らーめんが味噌830円、辛味噌860円、味玉味噌チャーシュー麺1090円、味玉辛味噌チャーシュー麺1160円、つけめんが味噌つけめん890円、辛味噌つけめん960円、味玉味噌チャーシューつけ麺1190円、味玉辛味噌チャーシューつけ麺1260円、とシンプル。今回は味噌辛味噌をチョイス。 

 

f:id:k0316shank:20171115205845j:plain

 店内は広めで、L字のカウンターが16席。サラリーマンから若い女性から外国人から普通の人間まで、様々な客層です。 

食券はスタッフさんが回収しますが、その際に野菜増し、ニンニク増しにするかどうかを聞かれます。

 

f:id:k0316shank:20171115205935j:plain

 カウンターのティッシュはありがたい。そして何より野菜増し無料ニンニク増し無料!は嬉しいですね。ライスも無料なら飛び跳ねて喜ぶところですが、さすがにそれはなく、ライスは平日のランチのみが無料

 

 空腹具合がちょうどよくなったところで味噌登場!いただきます!  

f:id:k0316shank:20171115210013j:plain

 まずはスープから。かなり温度が高めでアツアツ!猫舌にはツラいですがいいことです。ず~っと最後まで湯気が消えないんですよ。あ~うま~い、あったまる~。

すこしとろみがあって豚骨の甘味、味噌のコクと風味、野菜の旨味がバランス良くて、濃厚だけどしつこくなくて、なんか日本人に生まれて良かったなぁ~って思える感覚ですね。毎日味噌汁を飲んでいるので味噌が素直に受け入れられるし、なおかつ本格味噌の奥深さも味わえるんですから。しかも味噌らーめん好きでなくてもこの美味しさには驚くでしょう。 

 

f:id:k0316shank:20171115210048j:plain

 麺は三河屋製麺の太麺で、モッチリでいて歯切れの良いコシのある麺。カレーうどんのように麺を短めにしてあるので、すすった麺が暴れてスープがはねることがないよう計算されています。濃厚なスープにも負けない太麺なので小麦の旨味もギッシリつまって風味豊か。

 

 もやしやネギ、ニラはしっかり炒めてあり、ある程度のシャキシャキ感を残しつつも味噌やニンニクの旨味が染み込んでいて、麺と一緒に食べるのが最高!

 

 チャーシューは柔らかくホロッホロ。豚の甘味にケモノ感もありなかなか美味しく、肉質も良く、見た目にも大きくてインパクト大!

 

 写真では違いが分かりにくいですがコチラは辛味噌です。 

f:id:k0316shank:20171115210124j:plain

 単に唐辛子だとか豆板醤だけで辛くしているわけじゃあなさそうな旨味!といってもそれほど辛くはないですが、ピリッと感じる程度でメチャメチャご飯と合いそうないい塩梅。辛さがあることで豚骨の印象が少し薄れ、がぶ飲みしたくなります。

 野菜にも良く合い、これなら野菜増しでライスをつけてもいいと思いますね。 

最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 麺処 花田  東京都豊島区東池袋1-23-8 東池袋ISKビル1F

 03-3988-5188

 11:00~23:00(日曜、祝日11:00~22:00)

 定休日 なし

   

 コチラも要チェック!料理に備蓄にミネラルウォーター3選!   

   

  当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

銀座 朧月(おぼろづき)  特製つけ麺 塩つけ麺

 この日は、有楽町にある東京国際フォーラムでディズニー・オン・クラシックの公演を鑑賞しに行く機会に、銀座で長い行列を作りまくっているつけ麺で人気の、

銀座 朧月(おぼろづき)

に行ってきました。   

f:id:k0316shank:20171017202202j:plain

 銀座駅C2出口から徒歩2分。雑居ビルの並びにシンプルな看板と奥まった造りで、行列がないとちょっと目立たないですが、一度行列ができると隣のビルの中まで何十人も列を成す名店です。

 

f:id:k0316shank:20171017202235j:plain

 日曜日の12時頃でしたが、まだ列は外まではなく6人程度でした。暖簾をくぐると右側に小さな券売機があり、その周りに写真付きのメニューが貼ってあります。新メニューや限定メニューなどけっこう品数が豊富です。

 

f:id:k0316shank:20171017202424j:plain

 秋冬限定の野菜味噌そば850円。正式にグランドメニューとなった濃厚煮干しつけ麺950円。7月~12月限定の塩つけ麺950円。

f:id:k0316shank:20171017202615j:plain

 グランドメニューは、濃厚つけ麺850円。辛つけ麺950円。特製つけ麺1050円。中華そば780円。中華そば極み850円。チャーシュー麺1000円。その他トッピングご飯ものなど、つけ麺の種類はなかなか多くリピーターも多いようです。

f:id:k0316shank:20171017202648j:plain

 2010年10月にオープンし、2014年には「朧月 目黒処」をオープン。2015年にもグランデュオ立川に3店舗目の「朧月 鶏処」をオープンさせ、まさに飛ぶ勢い!

 

f:id:k0316shank:20171017202716j:plain

 券売機の上には髪留めや紙エプロンが置いてあり神対応ですね。今回はやはり定番の、濃厚な特製つけ麺中盛と安定した人気のある塩つけ麺をオーダー。

 

f:id:k0316shank:20171017202745j:plain

 それにしても銀座という一等地で、一杯千円以下でいただけるのはこの店舗の狭さのおかげでしょうか?(千円超えもありますが)L型のカウンター7席と、もの凄く狭いキッチン。席の後ろは人一人がやっと通れる程度。

 

f:id:k0316shank:20171017202833j:plain

 カウンターは割と普通ですが、おしぼりがあるのはスバラシイ!箱ティッシュもしっかり2段積み! 

 

f:id:k0316shank:20171017202901j:plain

 奥には三河屋製麺の箱が見え隠れしています。

 食券は並んでいる間に渡すので、席に着いたらほどなくして特製つけ麺中盛着丼!いただきます! 

f:id:k0316shank:20171017203001j:plain

 いかにも濃厚そうなドロッとしたつけダレです。麺もツヤツヤ光り輝いていますねー。麺のみで一本食べてみるとツルツルッとそしてモチモチの極太ストレート麺。うどんみたい!耳たぶのような感じに仕上がっていて、つけダレもよく絡みついて放さない。さすが三河屋製麺ですね。

 

 つけダレは濃厚な魚介豚骨に黒っぽい魚介エキスがかかっていて、コクを増してくれています。豚骨の甘味と魚介の旨味とスパイスの辛さのバランスが絶妙!ドロッとしていてもそんなにこってりしていないのでマイルドだし、刻み玉ネギも入っているので後味もいい。

 

 炙りチャーシューは箸でつまむと崩れるほど柔らかくてホロッホロ!炙ってあるのでアミノ酸が増し旨味がUPし、旨味を閉じ込める働きもあり最高の美味さ!脂身の旨味も最高!

 味玉も黄身がトロ~リマイルドでなかなかGOOD!そして意外にナルトがモチモチで魚肉の旨味が濃厚で美味しかったですね。

 

 こちらは懐石料理のように美しい塩つけ麺。 

f:id:k0316shank:20171017203031j:plain

 フォトジェニックな塩つけ麺の麺は中太麺で多加水のモチモチ麺。ツルツルッと啜りやすく塩味のつけダレに合わせた太さは絶妙なマッチング。

 

 イカゲソ、アサリ、ホタテの海鮮素材とつけ麺にオクラはめずらしいですが、特に味に影響もなくさっぱりしていてスダチのフレッシュな酸味が麺や具材を引き立ててくれます。

 

 つけダレも水菜と刻み玉ネギのさっぱりした清涼感に爽やかな酸味が感じられ、塩ダレの濃厚な旨味もしっかり味わえます。

鶏や魚介の旨味が土台として支えているのでコクがあり味の厚みもあり、期間限定なのがもったいない一杯。

 途中で柚子胡椒を渡されたので足してみると、ピリッとインパクトの増した味変を楽しめます。

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

f:id:k0316shank:20171017203058j:plain

 店を出るとこんなにも行列ができていました。20人くらいだと思いますが、わずか30分の間にかなり列の長さが変わるので早めの訪問をおすすめします。

 

 銀座 朧月  東京都中央区銀座6-3-5

 平日 11:30~15:30 17:30~22:00

 土曜 11:30~15:30 17:30~21:00

 日曜 11:30~15:00 

 定休日 なし

 

コチラも要チェック!らーめん撮ったら必須アイテム3選! 

  

  当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

麺屋 ひな多 鴻巣店  煮干しラーメン  煮干しつけ麺

 川越にあった煮干しラーメンで人気の名店が鴻巣に移転してしまい、なかなか行く機会がなかったのですが、鴻巣花火大会の機会に行ってきました。

麺屋 ひな多

です。

f:id:k0316shank:20171010213222j:plain

 2013年6月、川越にオープンし「エグにぼしラーメン」や「つけ麺」で人気を博し、2016年11月、鴻巣市上谷に移転。駐車場も15台ほど置けて、席数も40席と多く、店内も広々。 

 

f:id:k0316shank:20171010213343j:plain

 10月でしたが気温が高く、店の入り口には麦茶やミッキー、ミニーのうちわがありました。やっぱり行列ができる店はこのようなサービスがなされていてありがたいですね。 

 

f:id:k0316shank:20171010213413j:plain

 先に店内の券売機で食券を購入してから並びます。店内に入ったとたん煮干しの香りがフワ~ッと鼻腔を刺激します。空腹時に長時間待つのは地獄かもしれないですね。待合室にはファミリーが一組。日曜日のお昼過ぎで、駐車場はほぼ満車でしたが、長い行列はなくてラッキーでした。 

 f:id:k0316shank:20171010213535j:plain

 オーダーは煮干しラーメン味玉トッピングと煮干しつけ麺(中)味玉トッピング。 

 

f:id:k0316shank:20171010213620j:plain

 煮干しは川越の轟屋という老舗の乾物屋さんから仕入れているようです。そして醤油も歴史ある金笛、松本醤油店のものを使用。 

 

f:id:k0316shank:20171010213713j:plain

 弧を描いた店舗の形状に合わせ、店内も円弧のカウンターに扇形の座敷で凝った造りになっていますね。 

  

f:id:k0316shank:20171010213649j:plain

 こだわりの食材には、青森シャモロック、比内地鶏、上州地鶏、瀬戸内の伊吹産白煮干し、九十九里産背黒イワシ、天草産背黒イワシ。高級食材をしっかり揃えてます。

カエシには金笛生醤油。麺は北海道産小麦ゆめちから。チャーシューには群馬県産とことん豚を使用。

  

f:id:k0316shank:20171010213820j:plain

 カウンターには各種調味料と煮干し魚粉、山椒、鰹粉などさまざま。

 

f:id:k0316shank:20171010213854j:plain

 カウンター席からはキッチンの様子も見渡せます。あ、今俺達の分作ってるのかな~?なんて思いながら見ていると煮干しラーメン味玉トッピングおまたせしました~。

煮干しの芳醇な香りが食欲を掻き立てますね~。いただきます! 

f:id:k0316shank:20171010213945j:plain

 スープからはその名のとおり煮干しの旨味と程よい苦味が後ひく美味しさ!そこに鶏の旨味、甘味が加わり生醤油で味に奥行感が出て見事にバランスのとれたスープ。これだけ煮干しが効いているので、やはり鶏も青森シャモロックをはじめ地鶏の出汁も負けないように計算されていますね。  

f:id:k0316shank:20171010214020j:plain

 麺は自家製で褐色の細麺。低加水で歯切れよく小麦の旨味が強い!スープに負けない旨味と小麦の風味は絶品です。

 

 チャーシューは低温調理のとことん豚のロース。キメこまかい肉質で甘味があり、とことんこだわり抜いて育てられたんだろうなと思える美味しい肉です。鶏チャーシューは胡椒で味付けされていて、しっとりと食感も良くおいしいですね。

 

 続いて煮干しつけ麺(中盛)味玉トッピング。

f:id:k0316shank:20171010214115j:plain

 褐色の極太麺が目を引くつけ麺です。綺麗に盛り付けされていて麺に対する愛情もうかがえますね。まずは麺だけで食べてみると、さすが極太麺!弾力がスゴい!モチモチで噛みごたえバツグンで、らーめんよりも小麦の旨味があふれてくる。海苔との相性も最高で海苔で麺を包んでつけダレを含ませて食べたら幸せ!

 

 つけダレは、煮干しはほどほどに抑え、鶏白湯ベースでとろみのあるコラーゲンたっぷりのスープ。鶏の甘味と煮干しの苦味のバランスを取って煮干しが強く出ないようにしていると思われますが、これは好みが分かれそうですね。もしメガ煮干しつけ麺が存在していたら人気があるかもしれないですね。とはいえ美味しいことに変わりはなく、角切りの玉ネギのフレッシュさもあり、濃厚ながら清涼感で後味がいい。 

f:id:k0316shank:20171010214149j:plain

 味玉は白身が柔らかく、黄身はトロッとして甘味があってなかなかおいしかったですね。

具は低温調理のチャーシューと炙りチャーシュー。炙りチャーシューは香ばしくホロッホロで滑らかな口どけ。

 300gの麺も平らげ完食!

最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 麺屋 ひな多  埼玉県鴻巣市上谷1104-5

 048-543-1201

 水曜~金曜 11:00~15:00 18:00~21:00

 土曜~月曜、祝日 11:00~15:00

 定休日 火曜日

 駐車場 あり 無料 

 

 コチラも要チェック!らーめんもいいけどお米もね!

    当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

麺処 若武者 草加分店 東北六縣堂  濃厚福島鶏白湯 鶏塩中華そば 

 今回は、福島でトップクラスの人気を誇る名店が関東進出したということで、2017年3月、埼玉県草加市にオープンした、

麺処 若武者 草加分店 東北六縣堂

に行ってきました。

f:id:k0316shank:20171002222503j:plain

 日曜日の12時過ぎですが、客は2組。行列覚悟で来ましたが、奇跡的に空いてました。

 

f:id:k0316shank:20171002222742j:plain

 福島県二本松市の大人気店で、数々の賞やラーメンイベントでもスバラシイ成績を収めているはずなので、ちょっと拍子抜けしてしまいました。でもなぜ草加に出店したんだろう? 

 

f:id:k0316shank:20171002222548j:plain

f:id:k0316shank:20171002222844j:plain

 駐車場は店舗の裏側に2台だけですが、無料で停めることができます。  

 

f:id:k0316shank:20171002222938j:plain

 店内に入る前に券売機で食券を購入します。メニューは塩鶏中華そば醤油鶏中華そば濃厚福島鶏白湯特濃旨辛福島鶏台湾つけそば月替わり限定麺2種丼ものトッピング類。

人気1位という塩鶏中華そば味玉入りと絶対食べておきたい濃厚福島鶏白湯味玉入りをチョイス。

 

f:id:k0316shank:20171002223020j:plain

 壁にはJAPAN Xという銘柄の豚肉のポスターがあります。どうしてもX JAPANをイメージしてしまいますね。豚にYOSHIKIばりに激しくドラムを叩かせて適度な運動をさせているのか?なんて妄想が膨らんでしまいます。 

 

f:id:k0316shank:20171002223105j:plain

 ラーメンウォーカーTV2取材時のサイン色紙もあり、店内のテレビにもその時の放送が流れていました。そして入店してから数分のうちに一気に満席! 

 

f:id:k0316shank:20171002223246j:plain

 東北六縣堂ということで、福島をはじめ、青森、岩手、秋田、山形、宮城の名産品、特産品を贅沢に使用。かなりコストがかかっていそうですね。

期待に胸が膨らんで、腹も膨らませたいところで濃厚福島鶏白湯味玉入りの着丼です。いただきます!  

f:id:k0316shank:20171002223524j:plain

 福島県が誇る三大地鶏の会津地鶏、川俣シャモ、伊達鶏をそれぞれ別の寸胴で、その鶏に合わせた炊き方で炊き上げるこだわりの鶏トリプルスープ!福島のらーめんというと割とあっさり系をイメージしますが、このスープは超こってり!コラーゲンたっぷりで家に帰ったあとも唇が美味しいほどの旨味がつまったスープ! 

 

f:id:k0316shank:20171002223627j:plain

  麺は福島の羽田製麺製で、会津産ユキチカラの全粒粉を使用した中細麺。粘度が高く、たんぱく質が豊富で適度なコシがあり、小麦の旨味がよく感じられてとても美味しい麺です。スープによって6種類の麺を使い分けているそうです。

 

 そして見るからに美味しそうな炙りチャーシューが宮城のブランド豚、JAPAN X!広大で恵まれた自然環境の蔵王山麓でストレスなく育った豚が安定した肉質を提供してくれています。とても香ばしくホロッホロで柔らかい、そして肉肉しさ!ヤバい!

低温調理の鶏チャーシューはもっちり、しっとりで生姜の風味を利かせてあり、他ではなかなかないめずらしいチャーシュー。鶏団子は川俣シャモを使用で食感が良く、旨味がどんどん広がります。

 

 こちらは塩鶏中華そば味玉入り。黄金スープがおいしそう! 

f:id:k0316shank:20171002223601j:plain

 塩鶏中華そばは青森シャモロックの丸鶏の旨味溢れる清湯スープが爽やかであっさりしていて、塩味はひかえめ。塩はぬちまーすを使用した塩ダレ。そしてホタテやホッキ貝、しじみ、ハマグリ、あさりなど5種類の貝出汁や野菜の優しい旨味で、女性や年配の方、濃厚なのが苦手な方には是非おススメのらーめんですね。がぶ飲みできるほどの美味しさ!

 

 味玉は岩手産南部どりの卵で、かなり黒く色づいています。これは秋田の諸井醸造の魚醤「しょっつる」で味付けされていて濃厚な味わいとトロッとした黄身がたまらなく美味しい。

メンマもシャキシャキだし、JAPAN Xのチャーシューは濃厚鶏白湯にもあっさり塩清湯にも相性がよく、しっかり馴染んでいます。

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 麺処 若武者 草加分店 東北六縣堂  埼玉県川口市新堀町8-10

 048-420-9020

 11:30~22:00

 定休日 なし

 駐車場 2台無料 

 

こちらの商品も要チェック!若武者のイチオシ商品!  

     

  当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

麺屋 六感堂 Rock'an Do  しおゆずみつばグリーン  

 らーめん店激戦区の池袋で、半分は優しさで出来ているかのようならーめんで人気を博している、

麺屋 六感堂

に行ってきました。

f:id:k0316shank:20170913223211j:plain

 池袋駅東口から徒歩7分。池袋六ツ又陸橋を春日通り沿いにちょっと進んで左側に、らーめん店とは思えない佇まいのオシャレなお店。 

 

f:id:k0316shank:20161102135721j:plain

 2016年の大つけ麺博でも頂いたのですが、やっぱりここはグリーン麺のほうを紹介したいと思いまして、改めて行って来ました。↑コチラがつけ麺博バージョン。

 

 もう有名すぎて言わずもがなってところでしょうが、麺にユーグレナ藻ミドリムシを配合したグリーン麺と、内装やアイテムなど徹底的に緑色にこだわり、インスタ映えもバッチリなのが特徴。見た目だけでなく、味や、無添加、無化調など、女性や年配の方にも嬉しい限りですね。 

f:id:k0316shank:20170913224643j:plain

 この中は製麺室。店主が「大和麺学校」出身というのも有名。人間が摂取すべき栄養素のすべてを含むユーグレナを使いたかったのか、単にが好きなのかは不明ですが、大量のみつばをもトッピングしてしまうとなると、後者かな?

製麺の実力も素晴らしく、他のらーめん店や飲食店も製麺を依頼されているというほど。それで六感堂製麺所と書かれているんですね~。

 f:id:k0316shank:20170913224755j:plain

  店の外で並んでいると、スタッフさんがお緑茶を持ってきてくれました。しかもかなり濃い目。徹底してます! 

 

f:id:k0316shank:20170913224843j:plain

 店頭にはラーメンウォーカーTV2取材時の看板があり、乃木坂46の”かずみん”こと高山一実さんの一発ギャグである「アメージーング!!」も炸裂しております!

 

f:id:k0316shank:20170913225411j:plain

 らーめん激戦区の池袋ということもあり、学生に優しいサービスや豊富なメニューで、毎日でも通いたくなりますね。

 六感堂の由来は、第六感 ”The sixth sence”。五感である”視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚”を超える、理屈では説明のつかない、鋭く物事の本質をつかむ心の動きのこと。六感堂はこの五感を超越する”心感 真心 感謝”を込めて作ります。と、あります。う~む、深いようでヨクワカラナイですね。

  

f:id:k0316shank:20170913225024j:plain

    券売機は、グリーン麺が緑色のボタン。塩ノーマル麺が黄色のボタン。醤油ノーマル麺はベージュのボタン。ここは定番のしおゆずみつばグリーンをぽちっとな!

 

f:id:k0316shank:20170913225101j:plain

 カウンターに着くと、まずイスが緑。ダスターも、ナプキン、ラップ、カーテン、ピッチャーまで緑。ビールは緑のハイネケン

 あっさりスープがもしも、物足りない場合は六感をくすぐる自家製香味油もあります。

f:id:k0316shank:20170913225127j:plain

 

f:id:k0316shank:20170913225217j:plain

 使用小麦粉の袋も飾ってありました。木田製粉の北海道産小麦粉「かなで」は、つるつるモチモチが特徴で、同じく「フユエゾ」は中力小麦粉でモチモチ感と滑らかさが特徴。

 

いろんなところが緑色だな~と思っているとしおゆずみつばグリーンの着丼!いただきます! 

f:id:k0316shank:20170913225314j:plain

 ほんのり緑色の麺に大量のみつば!インスタ映え間違いなしですね。スープは透明に澄みきっていて美味しそうです。ひとくち啜っただけで、塩と煮干しの絶妙なバランスと昆布の奥深い旨味、香味油の甘味がどんどん口いっぱいに広がります!柚子の主張はほとんどなく、わずかに香る程度で、すっきりさっぱり優しい味。無化調でありながらここまで旨味がしっかり感じるのは4種類の塩とアサリとムール貝、昆布、煮干しなど、魚介の恵みを活かした確かな技術力ですねー。

 

 グリーン麺は細麺なのにコシがありツルツルっとした舌触りとモチモチ食感。とくにミドリムシの味やクセはなく、こだわりの小麦粉の風味香る美味しい麺です。 

f:id:k0316shank:20170913225447j:plain

 チャーシューは鶏ムネ肉と豚肩ロース。しっとりしていてモチモチ。余計な味付けをせず肉本来の旨味が溢れてきます。メンマもシャキシャキ食感でスープとのマッチング がスバラシイ! 

f:id:k0316shank:20170913225559j:plain

 ここまで来るともはや単なるB級グルメではなくなってきましたね。最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

丼の底には「感謝」と書かれていますが、良く見ると「ありがとうございます」と、ひらがなで構成されています。最後までオシャレにキメてくれました!

 

 麺屋 六感堂  東京都豊島区池袋2-57-2コスモ東池袋1F

 03-5952-6006

 11:00~21:00(売り切れ次第終了)

 定休日 火曜日 

 

 コチラも要チェック!らーめんもいいけどお米もね!

    当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。