読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

地球の中華そば (ほしのちゅうかそば)

 

 もしも明日地球が滅亡するとしたら最後に何を食べたいですか?

是非とも地球が滅亡する前に食べておいてほしいおススメラーメン店は横浜の伊勢佐木町者町にある、

地球の中華そば 通称ほしちゅうです。

f:id:k0316shank:20160927211026j:plain

 ほんの少し開店時間を過ぎただけで約1時間待ちの行列!サスガっす!

ある程度列の前方に来ると、ようやく食券を買う権利を与えられるのですが、もうお腹がグーグルアース!お腹が空き過ぎて鳴りっぱなし!

 

f:id:k0316shank:20160927211133j:plain

 基本メニューは清湯スープベースの塩そば油そば極選辛味そば

白湯スープベースの白湯そば極選担々そば

それぞれ特製煮玉子海老ワンタンチャーシュー、のトッピング別で選択できます。

その他、チャーシューネギご飯鶏わさ炙りネギチャーシューなどがあります。

 

f:id:k0316shank:20160927211203j:plain

 券売機の上には、第16回 東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー2015TRY新人大賞のラーメン丼型トロフィーが飾られています。

うどんが主食さんのステッカーも貼ってありますね。 

 

 入口右のカーテン裏には製麺機が見え隠れしています。

f:id:k0316shank:20160927211244j:plain

 食券を購入したら、また列に戻ります。後ろの方は詰め過ぎないようにしましょう。入店の直前になると2名分のベンチに座ることができます。 

開き戸なので、暖簾が意味のないところに付いてますね(笑)

f:id:k0316shank:20160927211349j:plain

 

 このお店は店主の樋上正径さんが、「柳麺 ちゃぶ屋」で修行後、新横浜ラーメン博物館の「麺の坊 砦」の店長を務め、満を持してオープンさせ話題沸騰、ラーメン界を震撼させた人気店です。

 

f:id:k0316shank:20160927211427j:plain

 今回は海老ワンタン塩そばプラス煮玉子トッピングと特製白湯そば大盛りをチョイス。 

f:id:k0316shank:20160927211457j:plain

 

 こちらは第16回 東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー2015TRY新人大賞のポスター。 

f:id:k0316shank:20160927211721j:plain

 カウンターにはティッシュ。 とてもキレイなカウンターで余計な物はありません。

らーめんが出来上がるまで、こだわり素材を見てみましょう。

f:id:k0316shank:20160927211807j:plain

 鶏ガラ、牛骨、豚骨、本枯節、香味野菜、魚介ダシと、そして海塩、岩塩。これだけの材料を使用していると、なんだかとても濃厚そうならーめんをイメージしてしまいそうですが、ここはあっさり系の最先端を行くらーめん。期待しましょう。 

f:id:k0316shank:20160927211845j:plain

 

 こちらは特製白湯そば大盛り。いただきます。 

f:id:k0316shank:20160927211926j:plain

 まずスープをひとくち。ムムッ!もうひとくち。おやっ、もうひとくち。なんだろ?

動物系の甘味と節系の旨味が融合していますね。でもそれほど白湯白湯してなくて、塩系のあっさりした味わい。塩そば用の塩ダレが4と醤油そば用の醤油ダレが1で、さまざまな食材が複雑に絡み合い奥深い味わいを演出しています。

 そこに九条ネギ揚げエシャロットのトッピングは天才的!思わずうなってしまいます。

 

 麺は3種の国産小麦のブレンド。中太ストレート麺でツルツルで弾力の強い、わずかに伸縮性があるような、他にはないタイプのように感じました。 

 

 鶏チャーシューは、胸肉なのにとても柔らかくプリプリでジューシーで感動!スバラシイ!豚バラのチャーシューもモチモチで味が濃厚で脂身がバツグンにウマい!

さらに鶏だんごが、どうやってるの?ってくらい旨味が詰まっていて、もう明日地球が滅びてもイイ!いや、これからも食べたいから滅びないでくれ!っていうくらい美味しい!神ってる

 

 興奮が止まりませんが、こちらは海老ワンタン塩そばプラス煮玉子トッピング。

f:id:k0316shank:20160927212014j:plain

 これもまた、一般的な塩ラーメンではなく、高級な青森軍鶏ロック、阿波尾鶏、豚骨、牛骨と、魚介類のダシが複雑に絡み合って一言では言い表せない味わい。これだけ多くの食材でうまく味をまとめているのは、店主のセンスと確かな味覚、技術につきますね。

 塩は海塩7割岩塩3割の地球比率で地球の名前の由来なのか、でも塩加減は絶妙で、とにかくあっさりなのに、コクがある、本当に何と言ったらいいか。

食べた人にだけこの感動を味わえる一杯です!

  

 麺は塩そばの場合、白湯より細めで味に合わせて太さを変えるこだわりよう。

そして見た目の彩りにインパクトを与えている、カラフルなあられ。視覚と食感で楽しめるあられの投入は店主の奥様のアイディアだそうで、いかにも女性らしい感性ですね。 

 

 海老ワンタンもとても人気のあるトッピングで、ツルンとした食感。海老の歯ごたえと挽肉、生姜とのバランスもよく、気合の入った、単なるトッピングで終わらない主役級のワンタンです。

 

 極め付けは煮玉子!プリンプリンの表面にトロットロの黄身で、すさまじく濃厚で、まさか卵も阿波尾鶏か?でも100円だしな~。最高に美味しい煮玉子でした。

 

 こちらも揚げエシャロット カイワレ白髪ネギで味を引き締めてくれました。

 

最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 地球の中華そば  神奈川県横浜市中区長者町2-5-4-101

 045-319-4248

 火、水、金、土 11:30~15:00 18:00~21:00(麺がなくなり次第終了)

 木、日 11:30~15:00 *水曜はつけめん限定

 定休日 月曜日

 

コチラの商品も要チェック!売り切れ続出の地球の中華そばカップラーメン!

当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。