読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

大つけ麺博2016つけ麺VSラーメン 第2陣2016.10.12~10.17

 新宿の大久保公園で開催されている、つけ麺VSラーメン、本当に美味しいのはどっちだ決定戦2!早くも第2陣です。

f:id:k0316shank:20161016211510j:plain

 

 つけ麺軍5店舗、ラーメン軍5店舗、計10店舗の名店が最高の一杯を用意してくれています。

f:id:k0316shank:20161016212425j:plain

 

f:id:k0316shank:20161016221734j:plain

 つけ麺軍は、麺屋 翔noodle kitchen ミライゑ新旬屋 麺くり山麺や 七彩の5店舗。

 

 

f:id:k0316shank:20161016212336j:plain

 

f:id:k0316shank:20161016221932j:plain

 ラーメン軍は、中華そば しながわ二代目狼煙ー葉隠麺屋 あがら志奈そば田なか肉玉そば おとどの5店舗。

 

 本日の1店舗目は、志奈そば田なか

f:id:k0316shank:20161016221453j:plain

 イケメンサーファー店主で知られる、志奈そば田なか。都内に複数出店している変わり種塩そばの人気店。「支那そば」とは関係なく、二人のお子さんの頭文字から取ったらしいです。

 では金の塩中華そば、いただきます!

f:id:k0316shank:20161016223739j:plain

 思わず鼻の穴が広がる青魚系の強い香りが漂ってきます。店主の地元、九十九里のアジの煮干しとイワシの煮干し、貝類と昆布の旨味が凝縮!動物系ダシは一切使用しない徹底ぶり。

塩分は軽めであっさりしてて大葉との相性抜群!

 

 麺は自家製麺ならぬ実家製麺(嫁さんの)で、平打ちの細麺。蕎麦の形状をしています。コシが強くてツルツルッ!

こりゃぁもう完飲です!

 

2店舗目はつけ麺軍から、くり山

f:id:k0316shank:20161016230814j:plain

 ここの店主、栗山さんは「大勝軒」で4年修行、「六厘舎」で3年修行し、「仁鍛」(じんたん)をオープン。後にくり山に変更。「大勝軒」の山岸一雄さんの人柄に惚れ込み、相当影響をいるので味にも表れていそうですね。

 

 ではつけめん、いただきます!

f:id:k0316shank:20161017094742j:plain

 おーーーーっ!つけダレは魚介豚骨。ドロドロ系ではなく上層に浮いている油分が甘味とまろやかさを演出。ゲンコツや鶏ガラが深いコクを出し、魚介ダシの旨味がしっかり味わえて、ありがちな魚介豚骨とは一線を画す。

薬味ネギによって後味、食感を良くしあってバランスのとれたつけダレ。

 

 山岸さんから譲り受けた製麺機を使用してのストレート太麺は、昆布粉いりの多加水麺。弾力がスゴい!噛むほどに小麦の風味が広がります。

角切りのチャーシューもジューシーでした。

 

 そして完飲!ごちそうさま。

 

3店舗目は、本当に打ち立ての麺や 七彩。 

f:id:k0316shank:20161017105642j:plain

f:id:k0316shank:20161017105722j:plain

 このお店は食べに行ったことがなかったので、打ち立ての麺がどんなものか?食べないわけにはいきませんね!

会場入りしてからすぐ気になってましたが列の外にいてもわかるチャーシューを炙る香ばしさ!店主の阪田さんが特大のチャーシューをこんがりと焼いてます!

f:id:k0316shank:20161017113218j:plain

 すんごく美味しそうでよだれが止まりませんが、胃袋と相談した結果、注文はやめておきました。

捏ねた粉を麺棒で伸ばしている様子です。大変そうですが真心こめて頑張ってくれています!

f:id:k0316shank:20161017113556j:plain

八丁堀の無化調らーめん、そしてオーダーを受けてから、粉から打つ店として話題の今回はつけ麺を、煮干し醤油つけ麺をいただきます。

f:id:k0316shank:20161017112636j:plain

 まずは麺をそのまま食べます。ちゅるちゅるモッチリで柔らかい!うどんみたいだけどそこまでコシがあるわけでもなく、口の中で麺が踊るような、躍動感に溢れる麺です。  

 つけダレはかなり強めに煮干しがきて酸味も効いている。追い煮干ししているようですね。ニボラーにはうってつけでしょう!

 細切りのメンマも変わった食感で斬新でした。完飲です!ごちそうさま!

 

 腹八分目になったとこで4店舗目ラストにします。ラーメン軍から、二代目狼煙ー葉隠

f:id:k0316shank:20161017115901j:plain

 埼玉を中心に展開する二代目狼煙一家の新店。「関東極濃豚骨」を武器に豚骨ラーメン専門で勝負しているお店で、狼煙系列は全店ですさまじい人気を誇っています。

では関東極濃豚骨らぁめん 肉盛バージョン。いただきます!

f:id:k0316shank:20161017122109j:plain

 葉隠だけに麺が具に隠れて見えません!スープからひとくち。あぁ~~~~好きだわコレ!極濃といってもこってりではなく、豚骨の旨味、甘味が濃厚に凝縮されていて醤油ダレとのバランスも良く、刻み玉ネギが重量感のあるスープを軽くしてくれます。

 実際のお店では細麺を提供していますが今回は中太麺。卵麺で短めに切られていて、濃厚スープが飛び散らない!弾力のある噛みごたえのある美味しい麺で、家系を思わせる。

 チャーシューは贅沢に5枚!肉の旨味と脂身の甘味にご満悦!穂先メンマはサクサクでスープにぴったり!

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで完飲!!!ごちそうさまでした!

  

こちらの商品も要チェック!協賛の日清食品チルドさんからおススメ3点!

 

当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。