読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

麺処 銀笹 

ラーメン つけめん  銀座

 2013年12月、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されましたね。何が和食かどうかではなく社会的な文化としての登録ということなので、世界中から日本のらーめんを食べに観光客が来日しているという紛れもない事実と、らーめんを和食と捉え、新鮮で彩り豊かで上品ならーめんを提供するお店もまた多いですね。

そこで、和食で経験を積んだ店主の職人らーめんが食べられる、

麺処 銀笹

に行ってきました。

f:id:k0316shank:20170207223635j:plain 

 築地市場駅と東銀座駅と新橋駅と汐留駅のほぼ中間に位置し、首都高脇の路地というあまり目立たない場所なのに行列をつくり、食べログベストラーメンにも選ばれるなど、かなりの人気店。周辺には和食店も多く存在しています。

f:id:k0316shank:20170207224813j:plain

 店主の笹沼さんは、すぐ近くにある「銀座あさみ」という懐石料理や鯛茶漬けが人気の割烹料理店での経験を活かし、この銀笹でも鯛飯に香味野菜とらーめんスープをかけるお茶漬けスタイルをおすすめしています。 

メニューは銀笹らーめん銀笹つけめんの2種類でそれぞれ白醤油。限定メニュー

塩ポタ焦がし味噌ポタ。ごはんものは鯛飯焼豚飯、それとトッピング

 

f:id:k0316shank:20170207224941j:plain

 ちょうどお昼の12時に来ましたがまだ列はなく、店内は満席の状態。平日はサラリーマンでごったがえすようです。 

今日はダントツ人気メニューの銀笹塩らーめん味玉トッピング銀笹塩つけめん大盛味玉トッピングをチョイス。

f:id:k0316shank:20170207225045j:plain

 

 食券をスタッフさんに渡し、席に案内されます。席はテーブル席のみで17席。 

店内は見渡す限り黒一色で、落ち着いた雰囲気と高級感を醸し出しています。

f:id:k0316shank:20170207225114j:plain

 

 あらかじめトレイにおしぼり、レンゲ、箸、コップが用意してあり、テーブルに麦茶の入ったピッチャーが置いてあります。そしてアオサや揚げネギなどの薬味がきて、銀笹塩らーめん味玉トッピング着丼!いただきます! 

f:id:k0316shank:20170207225152j:plain

 見るからに美味しそうですね。スープは上質な塩の旨味と鰹や昆布、煮干しのガツンと来るダシの旨味が口いっぱいに広がります。そこに一晩寝かせ、余分な脂を取り除いた鶏ガラ、豚骨のしつこくないコクが緻密に計算された絶品のスープです。ホタテやシイタケも入っており芳醇な香りと繊細な味のバランスが職人技ですね。

 

 麺は三河屋製麺製の細ちぢれ麺でプリプリ食感がタマラナイ!コシも強く、あっさりスープとこの麺が互いに引き立て合っているように思えます。そしてお茶漬けとの対比も考えられた麺なのかもしれませんね。

 

 ひときわ目立つ炙りチャーシューはメチャクチャ柔らかく香ばしく炙ったことで旨味成分のアミノ酸が増し、旨味爆発!口に運んだ瞬間チョコレートのような口どけ。

鯛つみれはモッフモフでサックサクのレンコンも入っており食感も良く、海老の風味も感じられ、トッピングもみなスバラシイ美味しさ!

 

 途中で薬味を投入すると、アオサの凝縮された旨味と磯の香りが一気に広がり、また一味違った美味しさを楽しめます。

今回鯛めしは注文しなかったので、残ったスープを鯛めしに注いで美味しそうに食べる様子を想像で楽しんでください。

 

こちらは銀笹塩つけめん大盛味玉トッピング。 

f:id:k0316shank:20170207225217j:plain

 麺とトッピングがスープに浸ってないだけで、基本的にらーめんと同じ。

つけダレをひとくち飲んでみると、湯気が見えなかったのに舌をヤケドするほどのアツアツさにびっくり!まあ猫舌っていうのもあるんですけどね。つけめんは冷めやすいため配慮してあるのでしょう。味の方はらーめんより少し濃いめです。個人的に濃い味が好きなので、こっちの方が好きですね。

 

 つけめんでこれだけ細麺なのはあまりないタイプだと思いますが、プリップリで噛みごたえがあるので、つけダレとの相性はバツグン!もっと人気があってもいいハズなのになぁと思いますねぇ。

 味玉は味がよ~く染み込んで、濃厚な黄身がすごく美味しかったです!

最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 次回来た時は白醤油も食べてみたいですね。白醤油は愛知県の特産品で、醤油と名乗るために大豆をわずかに使用しているだけで小麦が主原料。糖分と塩分が豊富で製法上非加熱のため酵母は生きたまま!気になりますね~。 

 店を出た頃にはご覧のように行列ができていました。夜の部はスープがなくなり、営業が終了していることも多いらしいので、お早めに。

f:id:k0316shank:20170207225244j:plain

 麺処 銀笹  東京都中央区銀座8-15-2藤ビル1F

 03-3543-0280

 11:30~15:00 17:30~22:00(スープがなくなり次第終了) 

 定休日 日曜祝日

 

コチラの商品も要チェック!おすすめカップ麺3選! 常備食としてどうぞ。

   

当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。