らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

らぁ麺 やまぐち

 らーめん店でもミシュランのビブグルマン部門に掲載されている店は少なくないですが、そろそろ一つ星を獲得するのではないかとウワサが絶えない西早稲田の人気店、

らぁ麺 やまぐち

に行ってきました。

f:id:k0316shank:20170619211732j:plain

 日曜日なのでピークを避けて、13時半頃に来てみると8人程度の列で済みました。しかし、らーめん店激戦区でこの時間に列が絶えないのはサスガですね。

東京メトロ副都心線西早稲田駅から徒歩6分。早稲田通り沿いにあり、郵便局の向かい。斜向かいにはコインパーキングもあります。

f:id:k0316shank:20170619213018j:plain

 

 店主の山口さんはサラリーマン時代、趣味で自宅でらーめんを作っていたというからオドロキ!そして立川のラーメンスクエアの「ラーメントライアウト」で優勝し、その権利で「麺屋にゃみ」をオープン。その後府中の「麺創研かなで改」「麺創研かなで紅」で店長を務めあげ、独立し、らぁ麺やまぐちはオープン当初から大盛況!

f:id:k0316shank:20170619213058j:plain

 

 3年連続でミシュランのビブグルマン掲載とか食べログBESTラーメンや食べログJAPAN RAMEN AWARD、東京ラーメンオブザイヤーなど様々な賞を獲得していますし、テレビでも頻繁に紹介されているので、その翌日なんかは行列がさらに伸びるでしょうね。 

f:id:k0316shank:20170619213343j:plain 

f:id:k0316shank:20170619213239j:plain

 

 並んでいると、スタッフさんが出てきて食券の購入を促されます。外にメニュー表がないので事前にチェックして決めておきましょう。今回は味玉鶏そば鶏ワンタンつけそばをチョイス。 

f:id:k0316shank:20170619213152j:plain

 

 カウンター13席でそこそこ回転も速く、並び始めて20分ほどで入店。ランチョンマットが敷かれ、シンプルで落ち着いた感じ。調味料は一切ナシ!女性客が来ることを想定し、清潔感があり、イスの真下にカゴを設置してあったり、大きな声でスタッフを呼ばなくて済むように呼び鈴があったりと神対応の鬼ですね! 

f:id:k0316shank:20170619213421j:plain

 

 以前は比内地鶏、吉備黄金鶏などを使用していましたが、店主の山口さんの地元の「会津地鶏」に変更したということで楽しみですね。会津地鶏は臭みが少なく、程よく脂がのっていて旨味、コクが優れていて見た目も美しい鶏のようです。平家の落人がペットにしていたという伝説も納得のカッコ良さです。 

f:id:k0316shank:20170619213447j:plain

 

 それほど待つこともなく味玉鶏そばが着丼。いただきます! 

f:id:k0316shank:20170619213637j:plain

 スープは驚くほど溢れてくる鶏の旨味!スゴい!100%鶏ダシで低温で7時間煮込み、最後に手羽先で追い鶏という手の込みようなので鶏本来の旨味を最大限に味わえます。そして島根県の「森田醤油」の再仕込み生醤油と丸大豆醤油が強めに来ますが鶏の旨味が柔らかいので、しょっぱさを感じることなく香りが立ち、甘味もあり芳醇で洗練された極上のスープですね。

 

 麺は京都から東京進出で勢力拡大中の麺屋棣鄂(ていがく)製の平打ち中細麺。柔らかく滑らかな食感で小麦の旨味がスープとともに口いっぱいに広がります。硬めの麺を好む人が多いと思いますが、このスープには硬めは合いませんね。

 

 鶏チャーシューはくず打ちでタレと鶏モモの旨味を逃がさずジューシーな仕上がりで柔らかくしっとり。豚チャーシューは熟成させた肩ロースの低温調理で肉の繊維をザクザクっと噛み切れて食感がいい。

メンマも極太でザクザクしながらジューシー!味玉も黄身がしっとり濃厚で、すべてにおいて抜かりのない完成されたラーメンです。

 

 こちらは鶏ワンタンつけそば。 

f:id:k0316shank:20170619213706j:plain

 つけめんは最初に麺のみでいただいてみます。鶏そば同様とてもなめらかでしなやかで、そして利尻昆布出汁とからめてある状態で出てくるのですが、そのおかげで箸が滑って麺がなかなかすくえない(泣)しかも麺が長いからなおさらです。石臼挽きの強力粉でコシもあるからもう救いようがない(泣笑)

他の人はどうしているのか、ついキョロキョロしてしまいましたが、運悪く他につけめんを食べている人がおらず、悪戦苦闘。麺はとても美味しいのにちょっとだけイラッとしてしまいました。これ割り箸なら問題ないかもしれないですけどね。

 

 つけダレはかなり濃く見えますがこちらもしょっぱさはなく、溢れる鶏の旨味と醤油の奥深さに、麺と絡んだ昆布出汁がバランス良くハーモニーを生み、高級な蕎麦をいただいているかのよう。

 

f:id:k0316shank:20170619213737j:plain

  ほんのり柚子風味のふわふわつるつるのワンタンはのど越しが快感で、鶏モモ肉までやわらかくフワッとした食感は病みつきになりそうです。

 

f:id:k0316shank:20170619213801j:plain

 途中で、薬味の新潟砂高高原の3年熟成の生かんずりをトッピングすると、味が劇的ビフォーアフター!匠はこれを一体何に使うつもりなのでしょう?と思っていたかんずりが、なぁんということでしょう!見事に辛味と清涼感を味の魔術師にかえてくれました。   

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 

 らぁ麺 やまぐち  東京都新宿区西早稲田2-11-13山武ビル1F

 03-3204-5120

 平日 11:30~15:00 17:30~21:00

 土日祝 11:30~21:00

 定休日 月曜(祝日の場合は翌日)

  

 コチラも要チェック!料理に備蓄にミネラルウォーター3選!   

   

  当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。