らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

麺屋 六感堂 Rock'an Do  しおゆずみつばグリーン  

 らーめん店激戦区の池袋で、半分は優しさで出来ているかのようならーめんで人気を博している、

麺屋 六感堂

に行ってきました。

f:id:k0316shank:20170913223211j:plain

 池袋駅東口から徒歩7分。池袋六ツ又陸橋を春日通り沿いにちょっと進んで左側に、らーめん店とは思えない佇まいのオシャレなお店。 

 

f:id:k0316shank:20161102135721j:plain

 2016年の大つけ麺博でも頂いたのですが、やっぱりここはグリーン麺のほうを紹介したいと思いまして、改めて行って来ました。↑コチラがつけ麺博バージョン。

 

 もう有名すぎて言わずもがなってところでしょうが、麺にユーグレナ藻ミドリムシを配合したグリーン麺と、内装やアイテムなど徹底的に緑色にこだわり、インスタ映えもバッチリなのが特徴。見た目だけでなく、味や、無添加、無化調など、女性や年配の方にも嬉しい限りですね。 

f:id:k0316shank:20170913224643j:plain

 この中は製麺室。店主が「大和麺学校」出身というのも有名。人間が摂取すべき栄養素のすべてを含むユーグレナを使いたかったのか、単にが好きなのかは不明ですが、大量のみつばをもトッピングしてしまうとなると、後者かな?

製麺の実力も素晴らしく、他のらーめん店や飲食店も製麺を依頼されているというほど。それで六感堂製麺所と書かれているんですね~。

 f:id:k0316shank:20170913224755j:plain

  店の外で並んでいると、スタッフさんがお緑茶を持ってきてくれました。しかもかなり濃い目。徹底してます! 

 

f:id:k0316shank:20170913224843j:plain

 店頭にはラーメンウォーカーTV2取材時の看板があり、乃木坂46の”かずみん”こと高山一実さんの一発ギャグである「アメージーング!!」も炸裂しております!

 

f:id:k0316shank:20170913225411j:plain

 らーめん激戦区の池袋ということもあり、学生に優しいサービスや豊富なメニューで、毎日でも通いたくなりますね。

 六感堂の由来は、第六感 ”The sixth sence”。五感である”視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚”を超える、理屈では説明のつかない、鋭く物事の本質をつかむ心の動きのこと。六感堂はこの五感を超越する”心感 真心 感謝”を込めて作ります。と、あります。う~む、深いようでヨクワカラナイですね。

  

f:id:k0316shank:20170913225024j:plain

    券売機は、グリーン麺が緑色のボタン。塩ノーマル麺が黄色のボタン。醤油ノーマル麺はベージュのボタン。ここは定番のしおゆずみつばグリーンをぽちっとな!

 

f:id:k0316shank:20170913225101j:plain

 カウンターに着くと、まずイスが緑。ダスターも、ナプキン、ラップ、カーテン、ピッチャーまで緑。ビールは緑のハイネケン

 あっさりスープがもしも、物足りない場合は六感をくすぐる自家製香味油もあります。

f:id:k0316shank:20170913225127j:plain

 

f:id:k0316shank:20170913225217j:plain

 使用小麦粉の袋も飾ってありました。木田製粉の北海道産小麦粉「かなで」は、つるつるモチモチが特徴で、同じく「フユエゾ」は中力小麦粉でモチモチ感と滑らかさが特徴。

 

いろんなところが緑色だな~と思っているとしおゆずみつばグリーンの着丼!いただきます! 

f:id:k0316shank:20170913225314j:plain

 ほんのり緑色の麺に大量のみつば!インスタ映え間違いなしですね。スープは透明に澄みきっていて美味しそうです。ひとくち啜っただけで、塩と煮干しの絶妙なバランスと昆布の奥深い旨味、香味油の甘味がどんどん口いっぱいに広がります!柚子の主張はほとんどなく、わずかに香る程度で、すっきりさっぱり優しい味。無化調でありながらここまで旨味がしっかり感じるのは4種類の塩とアサリとムール貝、昆布、煮干しなど、魚介の恵みを活かした確かな技術力ですねー。

 

 グリーン麺は細麺なのにコシがありツルツルっとした舌触りとモチモチ食感。とくにミドリムシの味やクセはなく、こだわりの小麦粉の風味香る美味しい麺です。 

f:id:k0316shank:20170913225447j:plain

 チャーシューは鶏ムネ肉と豚肩ロース。しっとりしていてモチモチ。余計な味付けをせず肉本来の旨味が溢れてきます。メンマもシャキシャキ食感でスープとのマッチング がスバラシイ! 

f:id:k0316shank:20170913225559j:plain

 ここまで来るともはや単なるB級グルメではなくなってきましたね。最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

丼の底には「感謝」と書かれていますが、良く見ると「ありがとうございます」と、ひらがなで構成されています。最後までオシャレにキメてくれました!

 

 麺屋 六感堂  東京都豊島区池袋2-57-2コスモ東池袋1F

 03-5952-6006

 11:00~21:00(売り切れ次第終了)

 定休日 火曜日 

 

 コチラの商品も要チェック!ラーメンに合うビール3選!

     

当サイトでは「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることで、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。