らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

蔵出し味噌 麺場 壱歩  九州麦味噌らーめん 北海道味噌漬け炙りチャーシュー麺

 ひばりヶ丘に3種類の味噌を使い分けた、味噌の使い手の様ならーめん店があって、常に行列を作っているので行ってきました。

蔵出し味噌 麺場 壱歩(いっぽ)

です。

 所沢店や入間店などもそうですが、トレードマークの巨大な樽がとても目立ちます。

f:id:k0316shank:20171127222406j:plain

 ひばりヶ丘駅花小金井駅の中間あたりに位置し、駅からはかなり遠く、バスか車でないと行きにくいというあまり良くない立地条件のこのお店。店舗はかなり大きく、席数もカウンター、テーブル、座敷合わせて38席と広い店内であるにもかかわらず、日曜の14時半で20人の行列。これは予想以上です。 

f:id:k0316shank:20171127222437j:plain

 店舗の外に約10名、店舗内にも約10名。ですが席数が多いので回転も早い。店内のノートに名前と人数を書いてから並びましょう。 

 

f:id:k0316shank:20171127222521j:plain

 すぐ近くにはイオン東久留米店があるので客足を取られそうな気もしますが、 さすがに北海道や信州、九州の本格味噌らーめんが食べられるなら、ショッピングモールの飲食店なんて怖くないですね。いや、むしろイオンの客が流れてきてますね。

 

f:id:k0316shank:20171127222554j:plain

 無料の駐車場が15台分と広々で、 座敷もあるのでファミリー客が大半ですね。

 

f:id:k0316shank:20171127222648j:plain

 しっかりとした、写真付きのメニュー表でわかりやすい。しかも値段が安い! 

味噌は、「やや濃口 」の信州味噌、「甘口」の九州麦味噌、「濃口」の北海道味噌の3種類。そしてトッピング違いで野菜らーめん肉ネギらーめん味噌漬け炙りチャーシュー麺信州味噌タンタン麺北海道味噌超バターらーめん辛味噌らーめん辛味噌野菜らーめんと、品数がかなり豊富。

今回は味の違いがわかりやすい、九州麦味噌らーめんと北海道味噌漬け炙りチャーシュー麺をチョイス。

  

f:id:k0316shank:20171127222817j:plain

 味噌について詳しく説明してくれています。ありがたいですね。塩分量や麹歩合によって大きく味が変わるんですね。

 

f:id:k0316shank:20171127222745j:plain

 味噌の効能が書かれています。日本人にとって健康食である味噌は、毎日味噌汁で当たり前のように摂っていますが、もっとありがたみを感じないといけませんね。
  

f:id:k0316shank:20171127222850j:plain

 らーめん店にはめずらしくアレルギー表があります。 

 

f:id:k0316shank:20171127222917j:plain

 このチャーシューは味噌に漬け込んであり、しっかり味噌が染み込んだチャーシューを炙っているのでとても香ばしそうですね。想像しただけでヨダレがとまらなくなります。

 

f:id:k0316shank:20171127223033j:plain

 この味噌唐揚げも、見た瞬間「食べたい!」いや、「食べなきゃ!」ということで注文確定! 

 

f:id:k0316shank:20171127223145j:plain

 10分ほど待ったら店内で待ち、さらに10分ほどでカウンター席へ。ここは券売機ではなく、スタッフさんがオーダーを取りにきます。 

 

f:id:k0316shank:20171127223222j:plain

 サイドメニューには餃子や丼物があるので醤油、酢、ラー油、七味、豆板醤がとてもキレイな状態で並んでいます。しっかり清掃が行き届いていますね。 

 

f:id:k0316shank:20171203171040j:plain

 ちなみにニューヨーク店では2013年から4年連続ミシュランに掲載されたそうで、所ジョージさんばりに「スゴイデスネ~」と言っている間に、九州麦味噌らーめん着丼!いただきます! 

f:id:k0316shank:20171127223253j:plain

 クリーミーでほんのり甘い味噌の旨味が、鶏がらや豚骨、野菜の出汁が土台となってうまく引き立てられていますね。なんとなく落ち着く、ほっとする、温かみのある味。幸せってこういうことなのかなぁ。そして味噌にはやっぱりもやしが合いますね!フライドオニオンやガーリックは鼻に抜けて、挽肉が味噌と相まってコクまろな感じに仕上がっています。

  

f:id:k0316shank:20171127223334j:plain

 トッピングは味噌の産地に合わせた食材になっていて、九州麦味噌はさつま揚げ。

信州味噌は山菜、北海道味噌はフライドポテトと、しっかり考えられていて思わず舌を巻いてしまいます。

甘めの味噌にさつま揚げと来たら、酒好きなら焼酎が飲みたくなるんでしょうね~。

 

 こちらは北海道味噌漬け炙りチャーシュー麺

f:id:k0316shank:20171127223442j:plain

 チャーシューの存在感がスゴい!味噌は味が濃厚で、ガッツリ味噌を堪能できます。でも、くどくなく、しょっぱさもなく、ワイルドかつマイルドな味わい。この北海道味噌は一番人気のようで、納得の奥深さと風味の豊かさが感じられます。

 

f:id:k0316shank:20171127223517j:plain

 麺は中太ちぢれ麺で、ぷりぷりっとした食感。 ツルツルしていて啜りやすいのでたくさん口に含んでしっかり噛んで、小麦と味噌の旨味を最大限に引き出すことで、味の向こう側がわかる気がします。

 

f:id:k0316shank:20171127223634j:plain

 炙りチャーシューはまるでステーキ店にいるかのような香ばしさで、モノスゴく柔らかくジューシー。味噌の上品な風味と肉肉しいケモノ感がうまく融合していて絶品です。 

 

f:id:k0316shank:20171127223703j:plain

 スープに豆板醤を入れて辛味噌らーめんにしても安定の美味しさ!しかもどちらのらーめんも最後まで冷めることなく湯気が立っていて、アツアツのまま!猫舌なので大変です!

 ちなみに入間店では信州味噌の代わりに伊勢味噌を取り扱っており、武蔵村山店では九州麦味噌の代わりに江戸前味噌を、所沢店ではつけ麺に仙台辛味噌を使用しているので、巡ってみたいですね。

 

 こちらは味噌唐揚げ。 

f:id:k0316shank:20171127224030j:plain

 本当は4個のはずなんですが、写真を撮る前に妻に1個食べられてしまって、なんとかごまかして撮りました。そこまで味噌味噌していなくてほのかに味噌の風味が感じられ、鶏肉本来の旨味を邪魔せず、衣も焦げて苦くならず、肉汁たっぷりのビールが欲しくなるような唐揚げ。肉の繊維を噛み切る時のサクサクっとした食感はタマラナイ!

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 麺場 壱歩  東京都東久留米市南沢5-18-47

 042-439-5220

 11:00~23:00(ラストオーダー22:30)

 定休日 なし

 駐車場 15台 無料    

 あの伝説の名ゲームをもう一度楽しんでみないか?誰しもがお店に並び、寝る間を惜しんで夢中になったドラゴンクエストを今、再び!