らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

家族のらーめん食堂 はないち 春日町店   特製塩らーめん 特製醤油らーめん 

 

 2018年3月10日。この日は、僕の大好きならーめん店である、練馬の「はないち」の新店がオープンするということで、ずっと楽しみにしていたので食べに行ってきました。

家族のらーめん食堂 はないち 春日町

です。

f:id:k0316shank:20180310174333j:plain

 都営大江戸線練馬春日町駅A3出口から豊島園通りを北豊島園自動車学校方面へ徒歩5分。すぐ近くには激安コインパーキングもあり、電車でも車でも行きやすい場所にあります。

 

f:id:k0316shank:20180310174616j:plain

  店頭には友人一同からや施工業者である中本工務店からのお祝い花がありました。

クラウドファンディングでたくさんの人からの支えによってオープン出来たようで、店主の伊藤綾さんの人柄や人徳あってこそなんだろうなと思います。僕も伊藤さんや娘さんの晴名ちゃんの大ファンですから。国分寺店や池袋店では伊藤さんの想いが伝わらずうまくいかなかったようですが、再出発とういことで、優しい思いのこもった新店オープンおめでとうございます!

 

f:id:k0316shank:20180310174803j:plain

 伊藤さんの女性目線、主婦目線での家庭的なお店づくりで、「家族のように温かく、笑顔になれる、第二の食卓」というテーマのもとに、気合の入った新店です。

オープンは11時でしたが、12時前に来店した時点で数人の列が出来ていたので、おそらくオープン前から多くの人が並んでいたのでしょう。

 そして、通り過ぎる車のドライバーや通行人はみんな注目していて、気になっていた様子。今後も多くの人達に愛されるお店になってくれたらいいですね。

 

f:id:k0316shank:20180310174858j:plain

 メニューは基本の塩らーめん海老塩麺つけ麺があり、練馬店で以前提供されていた醤油らーめんも復活し、らーめんにはそれぞれノーマルワンタン特製チャーシューお子様用が選べます。つけ麺は、塩、醤油、海老塩、あえめんも塩と醤油があります。

 

f:id:k0316shank:20180310175114j:plain

 そして定食や手づくりおでんも登場し、メニューの幅が広がりパワーアップしてます。

A日替わり定食Bカレー定食C自家製タルタルのから揚げ定食

おでんの具材は、たまご大根糸こんちくわぶちくわ厚揚げはんぺんさつま揚げうずら〆の茹で麺が100円。

牛すじ手羽肉もち巾着ウインナー〆の焼きおにぎりが150円。

 おつまみもたくさんあって、らーめん目的ではなくても一杯かるく呑みに来てもOKですね。

 

f:id:k0316shank:20180310175225j:plain

 15分ほどで入店。看板娘のはなちゃんが迎えてくれました。成長したはなちゃんがめちゃくちゃ可愛くなっていてビックリ!お母さん似ですかねぇ。麺の太さやおでんの具材の注文取りなど、しっかりこなしていました。

 回転の速さは重視せず、温かくゆっくり食事ができる「居場所」として居心地重視のお店なので、待つ時は待つかもですね。

 オーダーは、ハズせない特製塩らーめんと復活した特製醤油らーめん。それとおでんから大根ちくわぶちくわもち巾着をチョイス。

 

f:id:k0316shank:20180310175405j:plain

 カウンターは6席でゆったりと隣の席との間隔があって、ヒジが当たらなくてイイ!

そしてお冷は水ではなく麦茶だったのも嬉しいですね。 

 

f:id:k0316shank:20180310175442j:plain

 スタッフのみなさんは、はないちTシャツを着て、まだ不慣れながらも一生懸命頑張ってくれていました。それでも和気あいあいとアットホームな感じもあり、いい雰囲気でしたね。なにより綾さんがいつも素敵な笑顔だからこそ。

 

 最初に手づくりおでんが登場。いただきます!

f:id:k0316shank:20180310175520j:plain

 個人的にちくわちくわぶは大好きな具材で、やっぱりおでんの場合は関東タイプの焼きちくわが合いますね。ちくわぶに関しては小麦粉じゃねーか!と思う人も多いかもですが、ダシがしっかり染み込みやすくて、ダシが美味しければ美味しいほど美味しいので、はないちのおでんは心に沁みる温かい美味しさ!もち巾着も大好き。大根はあまり好みではないんですが、この大根は好きになりましたね~。おでんには、からしと柚子胡椒が付いてきます。

 

 特製塩らーめんの着丼です。いただきます!   

f:id:k0316shank:20180310175602j:plain

 値段と見た目は、本店と同じですね。ではスープから。うん!温度も本店同様アツアツで、味も変わることなく完璧!しっかりと濃厚な鶏白湯で鶏の旨味と甘味が感じられます。そこに牡蠣のコクや風味で味に厚みが生まれ、海苔があることによって磯の香りや爽やかさを演出していて、相変わらず優しい味。引き立て役のフランス産の塩が文字通りいい塩梅で、絶妙な塩加減。

僕にとってのおふくろの味と言っても過言ではない!毎日食べたいですね。

   

f:id:k0316shank:20180310175625j:plain

 麺も本店と同じ山口や製麺所と思われます。中細麺でわずかに全粒粉が入れてあるようで、北海道産小麦粉「春よ恋」の風味豊かさとわずかな甘味がスープにピッタリ。以前よりコシやモチモチ感がUPしたような気がしなくもないが、つるっとした食感で、お子様でも食べやすい麺ですね。天然かんすい「蒙古王」を使用しているのもお子様中心の食卓というこだわりの表れなんだと思います。 

 

f:id:k0316shank:20180310175703j:plain

 チャーシューはしっかり炙って、旨味を閉じ込め、香ばしくてホロッホロの柔らかさがタマラナイ!箸で持ち上げると崩れてしまうほどにホロッホロ。でも噛むと旨味が溢れてきて、ついつい笑顔も溢れてくる、家族で幸せを共有できるようなチャーシューですね。

 

 コチラは特製醤油らーめん。 

f:id:k0316shank:20180310175835j:plain

 鶏白湯の濃厚さと牡蠣の旨味をそのままに醤油仕立ての和風鶏白湯です。しっかり醤油の風味や甘味が効いていてまろやかさが際立ちます。チャーシューや海苔との相性も良く、大人も子供からも受け入れられる味だと思います。

 味玉は白身プルプルで黄身がトロッと卵本来の旨味を活かしたほのかな塩味。

最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした! 

 

 家族のらーめん食堂 はないち  東京都練馬区春日町4-18-8

 03-6875-5861

 火曜~土曜 11:00~15:00 18:00~22:00 

 日曜 11:00~15:00 

 定休日 月曜日

f:id:k0316shank:20180310175913j:plain

 伊藤さん親子の写真を撮りたいと申し出たところ、ご一緒にということでお言葉に甘えて撮らせていただきました。すごくいい笑顔ですね。ありがとうございました。

 はないち 練馬店の記事↓

0316shank.hatenablog.com

 らーめんもいいけど、それは毎日の白米あってこそ!らーめんが美味しく食べられると思いませんか?買って帰るのが重くて大変だという方はコチラ↓ 注文すれば自宅にお届け!美味しいお米ベスト3!