らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

洞くつ家  チャーシューメン

 久々の吉祥寺で、お昼は妻の希望でスパ吉に行ってまいりましたが、やっぱり吉祥寺に来たら、らーめんを食べなければ帰るに帰れません!

ということで今回は、横浜家系、六角家の直系である、

洞くつ家

に行ってきました。

f:id:k0316shank:20181227230821j:plain

 吉祥寺駅南口から徒歩1分、洞くつのオブジェが立派な店構えで印象的ですね。ドアの横には「横浜六角家姉妹店」と書かれています。

 店主、永井氏が六角家で修行した後、「吉祥寺 武蔵家」の店主、藤崎氏と共に武蔵家をオープンさせ、長年に渡り人気店となる。この洞くつ家は2003年に永井氏が独立し、オープンしたお店です。

  

  f:id:k0316shank:20181227231124j:plain

  年末年始も営業しているのはとても嬉しいですね!コウモリもカワイイ。

 

  f:id:k0316shank:20181227231245j:plain

 入口すぐに券売機。家系なのでメニューはラーメン700円。チャーシューメン850円。中盛、大盛、ミニ、トッピング類のみ。チャーシューメンミニラーメンを購入しました。

 

f:id:k0316shank:20181227231315j:plain

 店内のカウンターの後ろには提灯がビッシリ!いくつあるんでしょうね? 

 

f:id:k0316shank:20181227231347j:plain

 キッチン内には酒井製麺の麺箱があります。やっぱり家系といえば酒井製麺で決まりですね。 

 

f:id:k0316shank:20181227231439j:plain

 家系の特徴である、味変グッズ。たくさんあります。そして基本の、味の濃さ、油の量、麺の硬さもお好みでオーダーできるので、初回なのでとりあえず麺硬めにしました。 

 

 はい、チャーシューメン着ドーン!いただきます! 

f:id:k0316shank:20181227231515j:plain

 直系の家系らーめんを食べるのは久しぶりなので嬉しい反面ちょっとドキドキ。スープを一口すすると、豚骨たっぷりのあふれる旨味、いい意味でのエグ味、ぼんじりから取った鶏油のコクがとても素晴らしい!そして、ウマい家系の一番の特徴はやっぱり醤油ダレでしょうか。醤油ダレが強めに感じられます。ヘタすると、味の濃さを薄めでオーダーしてもいいかもですね。そうすると豚骨がもう少し良くわかるかもです。個人的な好みですけどね。 

 

f:id:k0316shank:20181227231601j:plain

 麺は硬めのオーダーですが、コシが強くモチモチ、短めにカットされているのが特徴で、家系のこってりスープには相性ピッタリ。海苔との組み合わせも最高で、麺をくるんでも良し、ライスとスープと合わせても良し、至福のひと時ですね~。 

 

f:id:k0316shank:20181227231629j:plain

 チャーシューも家系定番の、ホロホロでなく、硬いわけでもなく、噛みごたえのある、噛むほどに旨味が出てくる本格チャーシュー。獣感のある肉本来の旨味と、味がしっかり染み込んだ、スープに負けず、でもジャマをしない絶妙なやつ。脂の旨味も申し分ない。 

 

 こちらは、ミニラーメン。 

f:id:k0316shank:20181227231703j:plain

 おぉ!海苔がビッグサイズだ!と思うかもですが、丼がミニサイズでおいしさそのまんま!550円とお得で女性やお子様にピッタリですね。

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした!

 

 洞くつ家  東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-4

 0422-46-9121

 11:00~2:30(ラストオーダー2:00)

 定休日 月曜日 

 

 あの伝説の名ゲームをもう一度楽しんでみないか?誰しもがお店に並び、寝る間を惜しんで夢中になったドラゴンクエストを今、再び!