らーめん つけ麺 美味しい麺屋巡り

人気のらーめん屋を巡り、美味しさを紹介するブログ。らーめんつけ麺の魅力を楽しんでください。

博多 一双 中洲店  味玉ラーメン 

 2019年のゴールデンウィークは10連休ということでラーメンを食べに博多へと旅行に行ってきました。
さすがは博多、空港で飛行機から降りた瞬間から豚骨の香りが漂ってきます。
3日目の3軒目は、「豚骨カプチーノ」と呼ばれる人気店、

博多 一双 中洲店

です。

f:id:k0316shank:20190531153052j:plain

 最初は一双博多駅東本店に行こうと思っていたのですが、宿からは歩くとちょっと遠いので、一双中洲店に行きました。ところが、中洲店のみ19時開店ということで、出直してきたらすでに15人ほどの行列。夜でも行列を作ってるなんて、スゴいですね~。

  

f:id:k0316shank:20190531153302j:plain

 博多一幸舎のようなスープ表面の泡。豚骨カプチーノと呼ばれるほどクリーミーでキメの細かい泡を売りに食べログの「福岡ベストラーメン2013・2014」受賞。豚骨の獣臭はかなりスゴい!

 

f:id:k0316shank:20190531153432j:plain

 2019年現在、博多で3店舗を営業していますが、今後もドンドン店舗展開を図るために、大々的にスタッフを募集しているようです。今後が楽しみですね。

 

f:id:k0316shank:20190531153556j:plain

 今日はこれでハシゴ3軒目なので、味玉ラーメンをポチッとな! 

 

f:id:k0316shank:20190531154033j:plain

 店内には「製麺屋 慶史」の札があります。オーナーの山田兄弟は若い頃かららーめん店を経営する事が夢で、「博多一幸舎 」で修行を積んだことで、麺も一幸舎の自社製麺工場である「製麺屋 慶史」を使用していると思われます。

 

f:id:k0316shank:20190531154101j:plain

 この匂いが苦手な人も多いかもしれませんね。子豚の頭骨、拳骨、背骨をベストな配分で骨がホロッホロになるまで長時間炊き上げ、旨味やエグみの凝縮された濃厚なスープ。「ShinShin」のようなあっさり系は女性受けがいいと思いますが、「一双」の獣感満載で野生味たっぷりの味は男受けもするし、女性でも好きな方はいますし、幅広く受け入れられそうですね。

 カエシには福岡県産の甘味のある醤油に魚介出汁を加えることでより深みのある味わいに。

 

f:id:k0316shank:20190603212642j:plain

 麺は、「一幸舎」同様、若干太さのある平打ち細麺で、加水率高め。硬めでもツルッとした食感とコシの強さを兼ね備えた麺ですね。スープの絡みもよく、しっかり計算されているのがわかります。

 

f:id:k0316shank:20190531154132j:plain

 味玉は黄身がトロットロで白身がプルップル!味もしっかり染みていて、ゆで加減も味付けも高得点です。 

 

f:id:k0316shank:20190531154342j:plain

 チャーシューは脂身のしっかりしたバラ肉で、カエシに使用されるタレでシンプルに味付けされたもの。肉の旨味を引き出し、スープによく馴染みしっとりといただけます

 

 最後は塩分なんぞ気にせずスープを全部飲んで、完飲!!!ごちそうさまでした! 

 

博多一双 中洲店  福岡県福岡市博多区中洲2-6-6

092-262-7776

19:00~4:30(スープがなくなり次第終了) 

定休日 不定